2011年08月31日

山村塾の開催を来春に延期します。

わこうです。

今年の9月にスタート予定の、山村塾仙台校ですが、
開講を来年の4月に延期することに致しました。


開催延期に伴いまして、
同じく9月スタート予定の中級、上級も、
併せて延期となります。


関係者の皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、
何卒ご理解とご了承をいただきたくお願い申し上げます。

中級、上級受講予定の皆様には、
後日、文書にてご案内致します。


来春からは、初級は土曜日の夕方4時から、
中級は、日曜の10時から、上級は日曜の13時半からと、
それぞれ時間を変更致します。


第一回目は、4月14日が初級、
4月15日が中級、上級となります。


来春まで、まだ期間がありますので、
折々に、山村先生をお招きしてのイベントを予定しています。


まずは、12月17日ににクリスマス会が決定致しました!

詳細は別記事にてご案内します。


よろしくお願い申し上げます。

posted by わこうちゃん。 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | まくろび庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

玄米の炊き方レッスンやります。


DSCN9763.jpg

わこうです。

先に、コーヒーレッスンを開催する旨の記事を書きましたが、
突然ですが、玄米の炊き方レッスンも開催します。


以前から、玄米の炊き方講座は何度が開催させていただきましたが、
定期的に開催して欲しいというご要望も多数頂戴いたしまして、
いろいろと考えていたのですが、ちょっと最近吹っ切れた感がありまして、
もう日程に余裕があまり無いんですが、突然開催してみたくなりました。


今回は、フィスラーの圧力鍋を使ったレッスンです。



俺自身のことをお話しすると、
圧力鍋で炊いた玄米特有のモッチモッチした感じが、
最初はおいしく感じるんだけども、だんだんと苦手になって来ちゃって、
ただモチモチだけじゃなくて、ふんわりと炊くことができないかと、
いろいろと炊き方を変えて、実験を繰り返して、現在の炊き方にたどり着きました。


白米のようにふんわりしていて、なおかつ、いいあんばいでモチモチしている。


そんな玄米です。



特に、せっかく家族の身体を想って玄米を炊いても、
家で男性やお子さんが、玄米を食べてくれないというご相談も多くいただきます。


だいたいは、玄米が苦手だという人の話を聞くと、


・芯が残っている感じがする

・パサパサ、モサモサしている

・モッチモッチがダメだ・・

・だんぜん白米の方がうまいべ!ふんわりしているから



といった印象がほとんどです。




なので、そんな、玄米が苦手な男性でもおいしいと感じる玄米の炊き方をお伝えします。



自分で言うのもなんですが、
モッチモチが苦手な俺自身がウマイと感じる玄米です。



今回のレッスンでは、少し多めに炊きますので、
タッパーなどをご持参いただいて、どうぞおうちに持ち帰ってみてください。



今回は、これから秋にかけていろんなイベントを考えているんだけども、
そのキックオフ価格で行います。


ぜひご参加ください。



玄米の炊き方レッスン


開催日時 8月27日(土) 15時〜17時

場所 まくろび庵

参加費 3000円(試食あり) 当日集金



お申込方法 下記リンクのお申込フォームにご入力ください。


PCの方はこちら

ケータイの方はこちら



男メシ、いかがですか?



ご参加をお待ち申し上げております。


ラベル:玄米
posted by わこうちゃん。 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーヒーレッスンやります。

DSCN2900.jpg

最近の天気は、すごーく暑かったり、すごーく涼しかったりと、
なんだか安定しないんだけども、そんな中いきなりですが、
コーヒーレッスンを開催します。



先日、コーヒーのドリップについて記事を書きましたが、
実際に見てみたいとか、自分でやってみたいんだけど、
なかなかできないといった声がチラホラ。


そこで、実際に体験していただく場を設けてみようと思います。


おいしいコーヒーを飲むためのポイントはいくつかありますが、
最終段階である「ドリップ」をバシーッと決めると、
やはりある種の達成感がありますね。マジで。


ポットでドリップするのを、やったことがある人もない人も、
まったくコーヒーのことがわからない人でもオーケーです。


さらに!


リクエストがあれば、アイスコーヒーのドリップのデモもお見せしちゃいます!



しかも!


おみやげ用のコーヒー豆100グラム付き!




・ポットドリップをやったことがない、関心があるんだけどわかならい方

・いつもやってるんだけどもなんか紙くさいんだよなーという方

・スッキリした味にならないという方

・とにかくうまいコーヒーが飲みたいんだよ!という方


・以前、コーヒーレッスンを受けたんだけども忘れてしまった・・という方



こんな方はぜひどうぞ。




とにかくコーヒー漬けの2時間です!





「えー?コーヒーは極陰でしょ?マクロビなのにコーヒーですか?」





という声が聞こえてきそうですが、




うるせぇバカ野郎。




ってことです。





今回は、これから秋にかけていろんなイベントを考えているんだけども、
そのキックオフ価格で行います。


ぜひご参加ください。



珈琲バカのカフェレッスン

開催日時 8月29日(月) 19時〜21時

場所 まくろび庵

参加費 3000円(おみやげ用コーヒー付き) 当日集金



お申込方法 下記リンクのお申込フォームにご入力ください。


PCの方はこちら

ケータイの方はこちら


ワイワイと楽しみながらうまいコーヒー飲みましょうよ!


ご参加をお待ち申し上げております。

 
ラベル:コーヒー
posted by わこうちゃん。 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

放射能対策にゼオライト。


わこうです。


福島第一原発の事故以来、
現在も各地で放射線を巡るいろんな問題が起きています。

線量が高い地域の問題、健康問題、集団疎開、食べ物の事など、
挙げだしたらきりがないです。


そんなニュースがあるたびに、ガッカリしたりビックリしたり怖くなったり・・・


不条理な出来事もたくさんあって苦虫を噛むような思いになることもたくさんありますが、
とにかく、今、そういう現実が起きていることを、まずは受け入れて、
淡々と前に進むしかありません。

と、俺は考えています。


以前、個人BLOGの方に、その辺の思いを記事にしました。

その記事はこちら。




とにかく今は、自分の身は自分で守るしかない。

玄米食も有効な手段です。



そして、次に問題になるのが「水」です。


あちこちで、水道水から放射性物質が検出され、
どうなってしまうんだろうって感じですよね。



そこで、以前、水道水に含まれる放射性物質の除去用に、
あまり数多くではありませんが、ゼオライトを入荷しました。

仙台の愛子で採れた良質のゼオライトです。


ゼオライトの放射線除去効果については、
4/7に公開された、読売新聞のサイトに書かれています。

その記事はこちら。


その記事によると、

「天然ゼオライト」10グラムを、
放射性セシウムを溶かした海水100ミリ・リットルに入れて混ぜると、
5時間で約9割のセシウムが吸着されることを確認した。


とあります。



店頭販売を優先させていただいたので、もう残り少ないのですが、
通販でお買い求めいただけるようにしました。


zeo_1.jpg

こちらが飲み水用として、ペレット状に加工されたタイプ。

350g入りで3500円です。


ご購入はこちらからどうぞ。



2リットルのペットボトルの水に対して大さじ一杯くらいを入れ、
毎日飲み続けても2〜3ヶ月交換しなくていいそうなので、
一般のご家庭で使う分には、この一袋あれば1年は大丈夫です。


放射性物質除去にも効果があるそうですが、
なんと言っても驚いたのが、水がうまくなるということです。



我が家でも使っていますが、このゼオライトを使うようになってから、
ウチで飼っている4ニャンの水の飲みっぷりが全然違います。


やっぱりニャン達にとってもうまいんだと思います。










zeo_2.jpg

そしてこちらがお風呂用。


350g入りで1200円。


ご購入はこちらからどうぞ。





目の細かいネットなどにこの一袋を入れ、お風呂の水にドボンと入れるだけ。


効果は、ペレットと同じで、毎日水を入れ替えたとしても、2〜3ヶ月は使えます。


これは、原石を砕いたものなので、
最初の使い始めだけ、白く濁るのでお風呂に入れる前に洗ってください。


これを入れると、放射能云々を抜きにしても、お湯が柔らかくなった感じがします。




と、2種類のゼオライトがあります。


放射能対策としても、水道水が不味いなーと感じるお宅でも、
非常に使えるものです。



数に限りがありますので、売り切れ御免でお願いします。



 
posted by わこうちゃん。 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | まくろび庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

無双原理というものさし。


わこうです。


あの大震災からもうすぐ5ヶ月。


俺は幸いにして何かを失うほどの大きな被害はありませんでしたが、
しかし、震災後、本当にいろんなことがありました。


その辺のことは、折々で個人BLOGの方に書いてきました。

俺の個人BLOGはこちら。



特に先月は、試されるかのように一気にいろんなことが起き、
精神をグワングワンと大きく揺さぶられまくり。


震災の余波、おふくろが脳溢血で倒れた事による弊害、
被災地支援活動にまつわる辛辣なご意見、
そして最近は、アルコール依存症の身内の問題


それが一気に押し寄せ、
自分の感情処理能力の限界ギリギリまで来ちゃって、
もー、自分を保つのに必死。



俺ってなんてちっぽけなんだろうと、自分の無力さに打ちひしがれました。


正直、全部ぶん投げたくなりました。



だけど、ぶん投げなかった。





いろいろ理由はあります。

一番大きいのは、雪音さんというパートナーの支え、
そして、まくろび庵という責任、仲間の支え・・・




そしてそして、「無双原理」というものさしがあったからです。


思いっきり平たく言うと、「宇宙の法則に則って生きる」ということです。



マクロビオティック創始者の、桜沢如一先生は、
宇宙には法則があり、それを一般人にわかりやすく説いてくれました。

無双原理・易―「マクロビオティック」の原点無双原理・易―「マクロビオティック」の原点
桜沢 如一 岡田 定三

サンマーク出版 2004-06
売り上げランキング : 22206

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


過去にこのBLOGに何回も何回も書いてきましたが、
マクロビオティックは食事法や料理法、健康になることが目的ではありません。

人生をタノシク、オモシロク生きて、生きて生きて生き抜くのが目的です。

食事法や料理法、健康っていうのは、そうやって生きて、
結果としてそうだったとか、そのプロセスでしかないということです。


とてもシンプルです。



無双原理は、こむずかしいものではなく、本質はとてもシンプルです。


「そんなのあたりまえだろう!」ってツッコミを入れたくもなりますが、
そのあたりまえが「真理」だったりするわけです。

そして、その「あたりまえ」が、なかなかできない、
もしくは、理屈ではわかるんだけども、なかなか実践できない、
という、言い訳や正当化の中で流されて生きているわけです。




何も問題が無く順調に生きていられるときは、
別にそんなこと意識しなくていいと思うんですが、
問題が起きたときこそ無双原理を使って、
自分の立ち位置を見直すのが重要だと思います。


というか、俺はそうしています。




逆に言えば、無双原理という不変のものがあるということが、
なんと心強いことか!





無双原理でものごとを見ると、ひとつ大きな視点で見られるわけですから、
受け入れがたいものを受け入れたり、許し難いことを許したり、
自分は人として道を間違っていないか、誰かや何かをを恨んだりしていないか、
もっと平たく言えば、お天道様に恥ずかしくなく生きているか、
そんな軌道修正のためのものさしとなるわけです。




そりゃあ俺だって人間ですから感情があります。

アタマにくることだってたくさんあるし、ぶん投げたくなりますよ。




だけど、その感情に囚われたまま、その価値基準が普通になってしまうと、
恨み、憎しみ、諦め、悲観などなど、負のエネルギーに支配されます。


すべての原因を外側に求め、「あいつが悪い」「社会が悪い」「世の中が悪い」と、
常に負の感情をぶつける何かを探すようになります。



しかしそれでは、やっぱり宇宙の法則から外れてしまう。




かといって、何もかも自分が悪いと思えと言っているわけでもありません。


「それはそれ、これはこれ」ときちんと区別して、
今、自分がやるべき事を、淡々と黙々と進める。

その、一歩前に出るためのものさしが無双原理だと考えています。


つまり陰陽です。




陰陽でもってものごとを見る。



そうすると、俺の最近の一連の出来事も、
そこだけを見ればネガティブな要素ばっかりのような気がしますが、
見方を変えれば、必ず大なり小なりポジティブな要素が見つけられます。


その、ポジティブな要素が、
自分が前に進むためのモチベーションとなるわけです。






いやー、俺は無双原理に出会えて良かった。






自分に起こる出来事は、
自分次第でネガティブにもポジティブにも受け取ることができる。


見方を変えるだけ。



ということは、究極に言えば、起こる出来事自体には、なんの意味もない。

良いも悪いも無い。



良いとか悪いっていうのは、自分が意味づけしているだけです。






もっと言えば、今、自分が生きている。


それだけでOKであり、それ以上でもそれ以下でもないわけです。


生きているだけでOK。

究極型ですね。




で、同じ事を感じ、歌っているバンドがあり、
いろんな事があってキツイとき、この曲に本当に励まされました。



怒髪天/全人類肯定曲

ジャパニーズ演歌パンクっていうところでしょうか。(笑)


生きてるだけでOK!他に何がいるのさ。




シンプルだけど、ズカーン!と入ってきたメッセージ。



いつもこのくらいシンプルでいたいなーと思います。






何回も書きますが、無双原理に出会えて本当に良かった。



大きく、深く、温かい指針です。





無双原理・易―「マクロビオティック」の原点無双原理・易―「マクロビオティック」の原点
桜沢 如一 岡田 定三

サンマーク出版 2004-06
売り上げランキング : 22206

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 
posted by わこうちゃん。 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

3台目の車無事納車完了。


DSC_0134.jpg

今日、皆さまからの募金で購入させていただいた3台目の車をお届けしてきました。


先月、支援物資を届けに女川に行ってきたときに、
1台目の車を贈らせていただいたあべさんに、
車が無くて困っている方の情報が欲しいと相談したところ、
近所にいると教えていただいた。


プライバシーに関わるので詳細は控えさせていただくけども、
とにかく大変な思いをされて現在に至るAさん。


津波の時、海の方を見ていたら大きい壁のような波が遠くに見えて、
車を捨て、小さいお子さんを抱きかかえて近くの山の斜面をよじ登って避難。

そのとき、抱きかかえていた子が、
Aさんの乗っていた車が波にのまれてプカプカ浮いている様子の一部始終を見ていた。

「車がプカプカしてるー!」

と、相当なトラウマとなっていたそうだ。


現在は、心のケアを受けて平常を取り戻している。



そんな小さな子供の心にも深く刻み込まれた津波の爪痕。


その話を聞いていたとき、胸が張り裂けそうになった。

そんな思いをした人たちに、俺に何ができるんだろう・・・



せめて、今回贈らせていただいた車で、家族みんなでドライブしたり、
新しい、楽しい思い出をいっぱい作っていただけたら本望だ。


今回お世話になったのは、1台目の車を提供してくださった、
ダイエイモータースの大熊さん


今回も、埼玉から自走して持ってきてくださいました。

相変わらず熱い男で、なんかこう・・その熱が伝わって、こっちまでインスパイアする感じ。


DSC_0134.jpg

今回、皆さまからの募金でホンダライフを22万円で購入させていただきました。


そして、現地で、親友ナベさんも合流。


ナベさんも、今日は普通に仕事中だったんだけども、
納車するところを一目見たいと、いったん仕事を抜けて駆けつけてくれた。

今回は来られなかったけども、後輩の石橋くんも熱い男だ。


俺の周りには、こういう熱い男たちがいて、支えてくれている。


本当に頭が下がる思い。

本当にありがとう。




さて、今日はあべさんちで車の引き渡しだったんだけども、
皆さん一家総出で心待ちにしていてくれた。




DSC_0138.jpg

まずは、こちらの習わしで、車を塩とお酒でお清め。


本当にうれしそうで、こっちまでうれしくなっちゃう。






DSC_0141.jpg

この車のメインユーザーであるご主人Aさんは、今日は仕事で会えなかったんだけども、
Aさんのご両親、奥さん、お子さんたち、みんなで記念撮影。

Aさんの奥様は、俺のBLOGを読んでくださっているそうで、
写真が紹介されることを楽しみにしてくれていた。


その後、あべさんの家に上がったら、すごいご馳走が用意されていた。


お赤飯にお魚に煮物にお刺身にエビフライに・・


なんかかえって気を遣わせてしまって恐縮してしまったんだけども、


「これが女川流のもてなしだから、残さずいっぱい食べてってけらい!」


と言われ、遠慮せずにご馳走になってきた。



Aさんもやっと、仮設住宅に入れる目処が立ったようで、
その日を待ちわびている。


どうしても話題は、地震と津波の話になるけども、
だけど、みんな前を向いて力強く進んでいる。


みんな口を揃えて言うのは、自衛隊の皆さんには本当に頭が下がると。

このエリアに来ていた自衛隊員との会話の中で、

「私たちは前に進むしかない、後退をしたら負けなんだという話があって、
その自衛隊員の言葉にどれだけ勇気づけられたか・・・」

と、目を潤ませながら話していた。



そんな話をたくさんして、あべさんちを後にした。



DSC_0141.jpg

津波で失ったものを俺がどうにかしてあげることはできない。

心に負った傷も同様だ。


だけど、せめていつか辛い記憶を塗り替えられるくらい、
いっぱい楽しい記憶をこれから作っていってほしい。


この車が、その一翼を担ってくれたらうれしいなーと思う。



皆さんの善意が、またひとつ形となりました。

本当にありがとうございます。

 
posted by わこうちゃん。 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。