2006年12月03日

火事で想う。

わこうです。

俺の個人BLOGでも書きましたが、昨夜、俺が住んでいるマンションの、
俺の階下の部屋から出火し、火事になりました。

詳細は、俺の個人BLOGでどうぞ。


かなり焦げ臭いというか、きな臭い匂いが取れませんが、
一応、俺の部屋には被害はなく、三匹のニャンも元気です。

ニュースでも流れたようで、俺が住んでいるマンションを知っている人が、
安否を心配して連絡をくださったりしました。

本当にありがとうございます。


火事から一日が経過して、じっくりと振り返ってみると、
いろんな組み合わせの妙が働いて、俺は守られているんだと思いました。

・いつもは酔っぱらって寝ている時間だったのに、たまたま起きていたこと。
・火事は土曜日の晩だったので、今日は一日ゆっくりできたこと。
・向かいに親友が住んでいて、避難させてもらえたこと。
・三匹のニャンを無事に捕獲して、みんなで一緒に逃げられたこと。



煙が部屋に充満していく中、命の危険はさほど感じなかったものの、
でも、焦りやニャンコを置いていけないという義務感みたいなものが交錯して、
ちょっとパニック寸前になったりもしました。


今日は休みだったので、店で使うものなど、
いろいろと買い物をしなければならなかったんですが、
外に出て、外の新鮮な空気を吸い、車を運転してまたまた感慨にふけり、
ホームセンターをうろうろしては、こうして普通に買い物ができる喜びを、
ひしひしと感じたりしました。

もしも逃げ遅れたら、火には焼かれないまでも、
猛烈な煙の中、中毒死していたかもしれないと思うと、
その気持ちは一層強く感じたりします。

実際、火元の部屋の人は、意識不明のまま病院に運ばれ、
まだ気が抜けない状態のようです。

救急隊員が、心臓マッサージをしている生の場面を、初めて見ました。


それに比べ、俺は服も着ているし、食べ物もあります。
テレビを観ることや、車を運転することもできます。

生きていればこそです。


買い物の帰り道、暖かいものが食べたくなって、
ラーメン屋さんに寄りました。

そのラーメンを食べたとき、涙が出てきました。


生きているだけでいいんだ。


ラーメンが今までに感じたことがないくらいおいしかった。
体と心に沁みました。

化学調味料で舌がビリビリしびれようが、
しょっぱかろうが、動物性が云々とかそんなことは、もうどうでもよかった。


食事をするという営みができ、心からおいしいと感じられる、
それだけでいいじゃないかと。


もちろん、まくろび庵は、これからもスタンスを変えずに、
可能な限りオーガニックや有機・無農薬のものにこだわっていきます。

それが俺たちのアイデンティティですから。


でも、俺が言うのも変ですが、
逆に言えば、それがすべてではないということです。


こう・・なんて言うか、依存しすぎるのも良くないというか・・。
わかります?このニュアンス。


平たく言えば、食べられるだけで幸せだということです。




今、俺たちは、選べる時代、選べる環境に生きています。

選べることって、実はとっても幸せなんですよ。


今まで俺は、そんな当たり前のことにも気付かずに生きてきたんです。
頭では理解していたけど、心では・・・っていう感じで。

俺はこんな危険な思いをしないと気付くことができなかったんです。



でも、その当たり前のことに気付いてから、
なんだか目の前がパァッと明るくなったような気がしているんです。

気のせいじゃなきゃいいんですが・・。(笑)


これから俺は、選べることの幸せを噛みしめつつ、
もっと肩の力を抜いて、前に進みたいと思っています。

皆さん、これからもよろしくお願いしますね!



と、なんだか悟りを開いたようなことを語ってしまいましたが、
火事で得たこの気付きを忘れないためにここに記します。


感謝。


posted by わこうちゃん。 at 21:02| Comment(6) | TrackBack(0) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

歳かマクロビ効果か!?

わこうです。

最近、会う人会う人に「顔つきがおだやかになった・・。」と言われます。
中には、ビックリされる方もいらっしゃいます。(笑)

俺は毎日見てる顔なのでわからないんですが。
しかも、鏡を見ても剃るヒゲしか見ないので、顔を見るわけじゃないし。


しかし、最近自分でも気持ちが落ち着いているなぁと感じるというか、
いい意味で感情がグワ〜ッと出ることが少なくなりました。

玄米食やマクロビを始めて半年が過ぎ、そういう結果が出てきたのでしょうか・・。


しかし、今年で俺も38になります。
40というひとつの節目を迎えるにあたり、気持ちが落ち着いてきたのでしょうか・・。



どっちなんだろう・・。




それはそれとして、ここでちょっと顔の変わり様を、昔話を交えて追ってみましょう。

以前俺は、トラックの運ちゃんとして、
10トン車に2年、大型トレーラーに5年乗っていました。

仕事はとてもハードワークだったため、俺がいた会社は荒くれ野郎ばっかり。

そんな中で俺も、もまれもまれて立派な荒くれ者に・・。(笑)






そんな当時の写真・・。







wako_50.jpg
とりあえず目だけです。目だけ。(笑)


いやぁ〜、コワイですねぇ〜。関わりたくないですねぇ〜。(笑)



この頃は、「鉄の肝臓」と言われていたこともあり、
肉や魚をガンガンと食べ、大酒を飲み、それでも二日酔いに悩まされることもなく、
仕事がハードなのも手伝って、食べた分はしっかり筋肉になっていきました。

なので、今では考えられないくらい筋肉はムキムキだったんですよ。
全盛期の貴乃花のように、首から肩にかけての筋肉が盛り上がって・・。



今は見る影もありませんが・・。




とにかくこの頃は、若かったことも手伝って、いつも何かに噛みついていました。

個人BLOGに書いたこのあたりの記事が当時の俺を物語っています。

機動隊に囲まれた話 前編

機動隊に囲まれた話 後編

肉食の極みといいますか、なんともお恥ずかしい限りです。(笑)






wako99.jpg
それから数年後、トラックを引退して、自分で会社を立ち上げていた頃。

ハードな現場から離れて、少し顔から険は取れてはいるものの、
相変わらず肉食と大酒飲みは変わらず、体がヤバイ方向へ向かっていってます。






P1050397.JPG
さらに数年後、少し身体のことに気を遣って、サプリメントとか飲んでいた頃。
この頃からキャラ的にブッ壊れていきます。(笑)

確かに痩せたけど、お金がかかりました。
しかも、サプリを飲むからと、相変わらず暴飲暴食の日々・・。



嗚呼・・なんて俺は・・。








wako_4.jpg
で、以前の記事にも載せましたが、去年の春の顔。

入院中の病院食のリバウンドで一気にパンパンです。





wako_1.jpg
そして、まくろび庵オープン直後くらいの顔。


この写真の顔でも、まだコワイとかキツイとか言われました。
俺的には、だいぶおだやかになってきたと思うんですが・・。








IMG_7211_s.jpg
そして、これが今週、13うさぎ(ちゃん)の娘ちゃん、
ゆうこちゃんが撮ってくれた俺の顔です。

いやぁ〜、人って変われば変わるもんなんですね!(←自分で言ってますが・・。)






人間バンザイ!



ちなみに、右サイドバーの俺の写真をこの写真にしました。
やっぱりイメージ大事だし。



最近、完全とまではいかないものの、マクロビ&菜食生活になっているので、
やっぱりその効果が大きいと、俺は思いたい。

13うさぎ(ちゃん)には、「どっちもなんじゃない?」と、
軽くあしらわれてしまったんですが・・。



実際のところはどうなんでしょうかねぇ・・。
posted by わこうちゃん。 at 23:32| Comment(4) | TrackBack(0) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

歳か排泄か!?

わこうです。

もはや2月が終わってしまいますねぇ〜。



今日はちょっと俺のパーソナルな記事を。

最近、ポカッと大事な約束を忘れてしまったり、
自分がやったことや、やるべきことを忘れたり、
言ったことを全く覚えていなかったりという、
恐ろしい現象が起こるようになってきました。


先日は、生まれて初めて「酔っぱらって記憶が飛ぶ」ということを経験したし。


俺は今まで、根っからの世話焼き派なので、
どんなに酔っぱらっても、酒になんて飲まれるもんか!と、
言ったこと、起こったことをすべて覚えていましたし、
会計や、その飲み会が終わって家に辿りつくまでは、気を張り巡らせていました。

酔いつぶれた飲み仲間の介抱や、会計、
迷惑をかけたらその後始末まで、俺が率先してやってきただけに、
この「記憶が飛ぶ」という現実を、受け入れられませんでした。マジで。(笑)

そして、最近追い打ちをかけるように、頭で言いたいことと違う言葉が出てきてしまったり、
本や雑誌を読んでいても、突然頭に入らなくなって、
同じところを何回も読み直しても理解できなかったりという現象が。

さらに、人と話していて、今までなら簡単に理解できるようなことが理解できずに、
何回も聞き返したり、全然頭に入ってこなかったり、言った先から忘れてしまったりと、
本当に自分の頭がおかしくなってしまったんじゃないかと、
本気でで心配になってしまいました。


それを身近で見ている13うさぎ(ちゃん)から

「40近くなるとだれでもそうなるんだってば。現実を受け入れたら?あはは〜。」


なんて笑われるし。(笑)



しかしですね、マクロビを取り入れてきて、
最近はそれなりに反応もしっかり出るようになってきたので、
俺としては、この「ブッ壊れ」も排泄だと思いたいわけですよ。

しかも、去年の夏頃までは「お肉」と「お酒」という、
対極にあるものを、大量に摂っていたわけなので、
イライラしたと思えば、急に落ち込んだりボーッとしたりということもあったりして、
最近の俺の感情の抑揚が、排泄といえば排泄かもしれないと。



そのへんを13うさぎ(ちゃん)に聞いてみたんだけど、

「たたでさえ春は排泄の季節で肝臓がフル回転でみんなが不安定になるからねぇ。」と。




おぉ・・そうなのか・・。



さて、ここでひとつ問題が。

ここ最近の、俺の頭が壊れてしまった現象が排泄だったとしたら、
一時的なものなので、いつかは終わるわけですが、
もしこれが歳のせいだったとしたら・・・。






考えるのがちょっと怖いです・・。






排泄でありますように・・・。さ!玄米玄米。(笑)
posted by わこうちゃん。 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

執着を手放して得る。

わこうです。

今日は、ちょっとお店のメニューや行事から離れた記事を。


現在、あさってからの新年オープンに向けて、
ほんの少しですが、お店のレイアウトを変えています。

13うさぎ(ちゃん)が明日(9日)まで勉強会に参加しているため、
お店で1人黙々とやっています。


当店に来られた方はご存じかと思いますが、
フロアに置いてあるパソコンまわりだけ、何とも雰囲気が違うし、
雑然とした印象を受ける方も、正直いらっしゃったのではないかと思います。

まくろび庵は、俺も13うさぎ(ちゃん)も、
あまりお金が無かったので、自分たちでできることは自分たちで作業し、
使えるものは自分の家から持ち込んで使っています。

今まで置いていたパソコンデスクも、俺が長年使っていたものです。
しかし、天板が大きいので、ただでさえ狭い店内が、
天板の出っ張りのおかげでさらに狭く、お客様も窮屈に感じられたかと思います。




前振りが長くなりましたが、そこで今回の変更は、このパソコンデスクを撤廃して、
代わりにもっとスッキリしたものでまとめたいと、正月明け早々から、
13うさぎ(ちゃん)とホームセンターを物色しまくりました。

で、いい感じの棚を見つけ、いざ設置しようとしていたわけですが、
今までのパソコンデスクを分解していたら、
なんだか胸がキューンとなってしまいました。

5年程前にヨドバシカメラで買った時のこと、
当時住んでいた二階の部屋にエッチラオッチラ運んだこと、
その後数回の引っ越しのたびに、いろんな人が運ぶのを手伝ってくれたこと、
プリンタが動くと、デスク全体が揺れるのがまた愛嬌だったり。(笑)


俺は昔から、物にとても執着します。

車やバイク(現在はチャリンコ)はもちろんのこと、時計、カメラ、ライター、
アクセサリー、道具、家電などなど、気に入ると長年使います。

高い安いは関係なく、とにかく気に入ったらとことんです。
壊れたら直して、とにかく使いたおします。

以前タバコを吸っていたとき約10年使っていたライターなんて、拾い物ですから。


しかし実は、まくろび庵オープンまでに、置き場所の問題やいろんな理由で、
俺が使っていた大事なモノをいろいろと手放してきました。
無碍に捨てるのではなく、使えるものは引き取ってもらいました。

長年使ってきたプリンター、長年使ってきた事務椅子、
以前、別な商売をやっているときに長年使っていたコピー機・・

みんないろんな思い出が詰まっています。
そして今回のパソコンデスク・・。




ところが、一度吹っ切れてしまうと逆に、
「なぜこんなにも執着していたんだろう・・。」と、
執着していたことにすら疑問を感じちゃったりして。

そんなもんですよね。


なんか、人生においてもおんなじ事をしてるんじゃないかと思っちゃいました。

目の前の出来事や物事に捕らわれすぎているために、
その先にあるもっと大事なものを忘れてしまったり、見えなくなってしまったり。

かといって、何でもかんでもポンポンと、
簡単に変えちゃったりするのもどうかと思うけど、
得た「もの」、「事」、「人」を大事に大事にしつつ、
それだけに捕らわれずに手放すものは手放す。

そのバランスなんだと思ったり思わなかったり。


そんなことを、長年愛用してきたパソコンデスクを分解しながら、
独りブツブツと念仏のように唱えていたのでした。(笑)


分解したパソコンデスクは、リサイクルショップに引き取ってもらう予定ですが、
ご希望の方がいらっしゃったら差し上げますのでご一報ください。

木とスチールで、グレーのデスクです。多少ガタありです。
posted by わこうちゃん。 at 09:17| Comment(2) | TrackBack(0) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

玄米食その後。

わこうです。

今日は、お店の宣伝から離れて、俺自身の近況を書きます。


玄米食に切り替えて、約4ヶ月が経ちました。

まくろび庵で仕事をするうちは、
まかないとして玄米やマクロビ料理を食べられることと、
13うさぎ(ちゃん)にわからないことがあればいつでも聞いたり、
教えてもらえる状況にあるので、マクロビ実践にはとても恵まれた環境にあります。

ある意味とてもラッキーです。


マクロビ実践前は、13うさぎ(ちゃん)に、
「肉食獣」と言われるほど肉を食っていたわけですが、
現在は、たま〜に餃子を食べる程度で、ほとんど野菜中心の食生活です。

乳製品に限っては、まったく摂っていません。


そんな感じで食生活を切り替えて、最近の近況をまとめてみます。


ただし、以下の内容は玄米食をたべたから、マクロビを実践したからとは限りません。
あくまでも俺個人の主観と見解です。

■血圧・心拍数が下がった。

以前は下が高く110とかあったんですが、現在は80〜90で落ち着いています。

去年、事故で入院していましたが、規則正しい病院食でも、
血圧だけはどうしても下がらず、薬を飲んでいました。

現在は、薬もまったく飲まず、血圧が高いとき特有の、
頭がモ〜ッとする感じがまったくありません。

心拍数は、どんなに平常心でも90〜95あったものが、
現在は80〜85で落ち着いています。


■体重が減った。

たまにしか計っていませんが、現時点で7キロ減です。(何キロかはヒ・ミ・ツ。うふ。)



■内臓脂肪が減った。

以前は、お腹が固く、半ば筋肉のような固さで異様に膨らんでいました。
お医者さんからも、内臓脂肪率が高いと言われました。

先日、内臓脂肪を計れる体重計に乗ったら、標準的なレベルに下がっていました。

見た目もあきらかに違います。

ご来店いただいて、俺の腹をご覧になったお客様からは、
「それでか!?」とツッコミを入れられそうですが。

でも、これでもだいぶお腹が引っ込んだんですよ。



■顔が細くなった。

上記のように、「それでか!?」とツッコまれそうですが、
その違いは明らかです。

IMG_6598.jpg
今年4月、退院間もない頃。※友人の娘ちゃんです。


kao_2.jpg
現在はこんなです。ヤバ面ですね〜。あはは〜。

もちろん、深酒すれば、顔はパンパンです。


kao_4.jpg
こんな感じで。(しつこいってか。)



と、話はちょっと脱線しましたが、こんな感じで体に違いができています。

食べ物の好みもあきらかに変わってきましたが、
これを書き始めるとひとつの記事になってしまうので、そのうち別記事で書きます。


お肉をまったく食べなくなったわけではなく、
飲み会があったり、誰かと外で食事するときにはふつうにお肉を食べますが、
顕著に反応が出るようになりました。

お肉を食べた日は、なるべくリンゴなどを食べてバランスをとります。


13うさぎ(ちゃん)もよく言いますが、
特に誰かと食事をするときは、とにかく食事を「楽しむ」ことが大事だと。




玄米食に切り替えてから、頭がいつもクリアな感じがして、
思考もスムーズな感じがします。

さらに、何と言っても体が軽くなったのはうれしいですね〜。

食べる量は以前とまったく変わらず大食漢なんですが、
それでもガンガンとう●ちが出て、いつもスッキリです。


と、こんな感じで近況を書いてきましたが、
ご主人や彼氏が玄米食に興味を持たれたとき、この記事がお役に立てば幸いです。


また今後も書いていきますね。
posted by わこうちゃん。 at 02:46| Comment(2) | TrackBack(0) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

ワイルドな「まかない」。

わこうです。

明日11月24日は、13時と18時から珈琲自宅焙煎研究会があります。

明日のお題は、ちょっとマクロビチックに、

「水への火の入れ方を検証する。」ということで、

・電気で沸かした水
・アルコールランプで沸かした水
・ガスで一気に沸かした水


の3パターンで、味がどう違うか?という事を検証します。


が、実は明日(24日)の午前中、食材の見本市があり、
俺と小田切と二人で見学&商談をするため、
11時〜12時過ぎくらいまでの約1時間、お店を一端留守にします。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。



さて、昨日ダッチオーブンについての記事を書きましたが、
昨日の夜は、俺一人で店に残っていたので、
ダッチオーブンを使ってまかないを作ってみました。

ダッチオーブンの中に、

・冷凍保存しておいた玄米
・さつまいも
・カブ
・冷凍保存しておいた油揚げ
・大豆タンパクのウインナー、リンケッツ

を全体にただ敷きつめました。

ma_1.jpg
こんな感じ。


ちなみに、この中にチラッと見える、ウインナーのようなものが、「リンケッツ」です。

小田切に、いろんな食材を教えてもらいましたが、
俺はある意味、これには非常に感動しました。

ma_2.jpg
これ。

ちょっと火を通せば、ホンモノのウインナーと何ら変わりません。

たまにこういうものを食べたくなっちゃうんですね〜。
リンケッツを大量に炒めたりボイルして、
それをつまみにビールを飲むのが俺の夢です。(笑)


話は逸れましたが、これをアラジンくんの上にかけるわけです。

ma_3.jpg
こんな感じ。


これにフタをして、約40分。


イイ感じに火が通ったところに、ほんのちょっと醤油をかけて、
「ジュワーッ!」と湯気が上がったところを、ダッチオーブンから直接パクパク。




ん・・・









んめぇ・・。

カブなんて、甘くてトロトロになって、バカウマでした。






夢中で食っていたときに、写真を撮り忘れたことに気付きました・・。







っていう事を、夜一人になった店の中で黙々とやって、
一人で楽しんでるワケです。えへへ。


こういうワイルドなのも、なかなかオツですな。
posted by わこうちゃん。 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

アラジン+ダッチオーブン。

わこうです。

先日の記事に書きました、ケータイにその日の情報を発信する
というサービスを始めるにあたり、
一晩のうちにたくさんの方にご登録いただき、
なんだか胸が熱くなってしまいました。

ご登録いただいたみなさん、本当にありがとうございます。

まだの方はこちらからどうぞ。



さて昨日、ウチの店で使っている石油ストーブ、アラジンくんの調子がおかしくなり、
分解してあれこれいじっていたところ、
購入時に付いている芯がやけに短く、もう限界いっぱいいっぱいだったことが判明。

購入しておいた替え芯に取り替えたら、バッチリ復活しました。


それとはまた別な話なんですが、
当まくろび庵オープンの時に、俺のトラック野郎時代の親友NとWが、
開店祝いでカタログギフトをくれました。

親友Nとはこんなヤツです。

いろいろ見ていたところ、その中に今話題のダッチオーブンを見つけました。


まくろび庵オープンまで、何十回とホームセンターに通いましたが、
ホームセンターでダッチオーブンの商品説明ビデオを見ては、

「欲しいけど、イマイチ使う用途が見あたらない・・。」



と思っていましたが、13うさぎ(ちゃん)が、

「無水ナベみたいな使い方できて便利なんだよね〜。」


と言っていたのを思い出し、開店祝いのカタログギフトは、
ダッチオーブンをいただきました。



さてさて、ここ数日、夜になるとメチャメチャ冷えるので、
アラジンくんも大活躍なワケですが、
アラジンくんから放出されるこのエネルギーを利用して何かしたいと、
ダッチオーブンの中にさつまいもを入れ、アラジンくんにかけてみました。

do_2.jpg
こんな感じ。



ふたが重く、けっこうしっかりと密閉してくれるので、
うまくやれば、ご飯とかも炊けそうです。
do_1.jpg
なかなか重厚感があります。


火を通すこと約30分、水も何も使わず、
ただゴロンとさつまいもを入れただけでしたが、
いやぁ〜、皮はイイ感じでしっとりパリパリ、
中身はトロトロホクホクっていう感じで、すんげぇ美味かったです。

この組み合わせ、最強。



今日は、昨日炊いて残った玄米を常温で保存しておいたんですが、
ダッチオーブンに入れて、アラジンくんの上にかけてみました。


なんと!
イイ感じのパラパラ感と、イイ感じのコゲが付いて、
ジャーで保温するより格段にウマイ!


いやぁ〜、新しい発見をしてしまった・・・。

この組み合わせ、最強。


NとWに感謝。
posted by わこうちゃん。 at 14:22| Comment(3) | TrackBack(0) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

顔がデカイ!

わこうです。

現在、臨時休業中ではありますが、お料理教室などがあったので、
なんでかんでお店には出ておりました。


さて、なんとなく玄米食から入って、マクロビ食を初めて約3ヶ月が経ちました。
だいぶ食の好みや、体の反応も変わってきました。



おかげさまで、事故の後遺症はまだあるものの、
その他の部分では、体も締まって、頭も非常にクリアです。

いやぁ〜、食べ物を変えるだけで、体も気持ちもこんなに変わるなんて、
正直自分でもビックリしてます。


俺の事故の経緯は、俺の個人BLOG「珈琲バカ。」
「突然入院日記」というカテゴリをご覧ください。



さて、最近俺の個人BLOGに公開した写真が、物議をかもし出しています。
大爆笑を生んだこの記事をどうぞ。



バリバリ二日酔いの朝の写真なんですが、顔がパンパンにむくんじゃってます。
kao_3.jpg
この写真。自分でもこんな顔になっているなんて、かなりショックでした。
マクロビ食に切り替えてから、だいぶ体も顔もスリムになったというのに・・。


「いつものわこうちゃんじゃない。」

「別人だ。」

「おっさん。」

「七福神。」

など、多数のご感想をいただきました。ありがとうございます。




ちなみに、コレが今日撮った俺の顔写真。
kao_1.jpg
ちょっと顔は疲れてますが、普段はこんな顔なんですが・・。

まぁ、ツラがヤバイとかそういうのは、ノーコメントで。


ちなみに、1枚目の写真の日の昼過ぎにはむくみは取れていました。



さて、なぜこんなにパンパンになってしまったのか?


俺が勝手にが推察するに、

ここ最近、マクロビ食に切り替えてから、お肉を食べなくなったので、
体のバランスが中庸になってきたところに、突然大量のお酒を飲んだので、
突発的に極陰性になってしまったためにこうなったのではないか? と。



う〜ん。俺ってなんて深い読みなんだ・・・。

と、我ながら自分で出した結論に酔っていたわけですよ。お酒だけに。えへへ。




ところがですな、13うさぎ(ちゃん)に聞いてみたら、

「陰性のものを飲んだから、ただ単に細胞が膨らんだだけじゃないの?」

とあっさり。




膨らんだだけ・・・。



なんだか胸に刺さる言葉です。




ま、まだそんなもんです。

kao_4.jpg
みなさんよろしく〜。
posted by わこうちゃん。 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

友人の個展。

わこうです。

先週の土曜に、突然数年ぶりに友人とその奥さんと再会しました。
夕方、突然ひょっこりと店に来てくれたのですが。

写真家の「胤田 心風 (たねだしんぷう)」といいます。
もちろん芸名(?)源氏名(?)ですが。(笑)


心風の作品は、こちらからご覧になれます。


先日の俺とのやりとりは、俺の個人BLOGに記事にしました。
しょっぱい珈琲とネックレス。


さて、11月11日から約一週間くらいだったと思いますが、
仙台の木町通のカメラ屋さんで、心風が個展を開きます。
shin_1.jpg
「騒音の中の孤独」


心風は、俺が数年前に受けた勉強会で同期だった男ですが、
おとなしく、なんとも不思議な空気を持った男です。

奥さんが数年前から原因不明の大病を患い、
奥さんの看病をしながら共に病気と闘ってきました。


優しさが服を着て歩いているような、とても繊細な男です。



俺は、どうもこの男が放っておけません。
なんだか友人のような弟のような・・。


なので、この男の集大成であるこの個展を、
もちろん俺も見に行きますし、一人でも多くの人に見てもらいたいと思っています。


よかったら、この男の個展を見に行ってあげてください。
心風の魂のショットです。

場所 仙台市青葉区木町通2-4-30 吉田カメラ仙台本店
電話 022-234-8841


大学病院脇の通りにある、
でっかいカメラの看板が回っているカメラ屋さんです。


ぜひよろしくお願いしま〜す。
posted by わこうちゃん。 at 21:51| Comment(2) | TrackBack(1) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

気遣いできるひと。

わこうです。

今日はお店のことからちょっと離れて、昔話を書きますね。



俺は高校の頃、パスタ屋さんでウェイターのバイトをしていました。
高校卒業後も、たまに手伝いに行ったりしていましたが。

当時の俺は、リーゼント頭にボンタンにエプロンという、
実に珍妙な出で立ちでしたが、それでも仕事はマジメにやってましたよ。(笑)


ウェイターとはいえ、忙しければ厨房にも入っていました。





ちょっと話がそれますが、当時俺はバンドを組んでいて、
同じバンドメンバー「Y」が、その店の厨房でコックをやっていました。

Yと俺は、ただバンドのつながりだけでなく、
人生のことや(ティーンエイジなのに)人の在り方みたいなものを話し合う、
そんなおっさんくさ〜い仲でした。



ある日、Yが洗い物途中にグラスを割りました。

けっこう「パリン!」という大きい音がしたので、
俺もビックリして、突発的に、

「あぁ〜、グラス割ったわ〜・・。」

なんて言っていたんですが、なんだかYは冗談で流せなかったらしく、
かなり気にしていたようでした。


それから数日、その事があってからちょっとYの様子が変で、
俺も気にはなっていたものの、あえてその事に触れることもなかったんですが、
あまりにもYの態度がおかしかったので、思い切って話しあってみました。

俺はてっきり、グラスを割ったことをちゃかしたことで、
Yを傷つけてしまったのだとばかり思っていましたが、
実はYが反応したところはまったく違っていました。


Yは、俺にこう言いました。

グラスを割ったからといって、別に怪我をしたわけじゃないし、
怪我したって、そんなにたいした傷にはならないと思うけど、
あのときわこうちゃんが、俺の体のことを心配するんじゃなく、
グラスを割ったことばっかり考えてた事がショックだった。

逆にわこうちゃんがそうなったら、間違いなく怪我の方が心配になるもん。
まずは「怪我はないか?」だべ。




俺は、見た目怪我なんてしていなかったからと、
その気遣いさえもしないでしまったのです。

身近なYから言われたのもあって、かなり堪えました。


俺とまったく違う目線で出来事を捉えているYが、妙に大人に感じて、
なんだが自分のケツの穴の小ささに、恥ずかしくなりました。




それから、まずはカタチからでもいいから、
同じような場面に直面したとき、まずは何はともあれ
その人の事や体のことをいたわる言葉を出せる自分になろうと思いました。

たとえ気持ちが入っていなかったとしても、
言葉をかけるんだったら、そういう言葉をかけられる自分になりたいと。

かけられた方は、その言葉で救われる気持ちになるかもしれないし。



まぁ、実際にどのくらいやれているかどうかっていうのは置いといて、(笑)
そういう心がけが大事だな〜ってね。




な〜んてことを、料理教室中に洗い物をしながら考えていたのでした。



今、Yとはずっと連絡を取っていないけど元気かな・・。
posted by わこうちゃん。 at 18:48| Comment(3) | TrackBack(0) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

焼いてます。

わこうです。

この記事から、自分の事を「俺」と書いてもいいでしょうか・・?
なんか「私」っていうガラじゃないんですよね・・やっぱり。

キャラ的にも。(笑)




さて、今日も13うさぎ(ちゃん)が所用のため、一人で留守番でした。


13うさぎ(ちゃん)がいなくても、コーヒー以外の商品を提供できるようにと、
今日は俺がスウィーツを焼いてみました。

ほら、『門前の小僧習わぬ経を読む』って言うじゃないですか。
13うさぎ(ちゃん)の仕込みやレッスンカフェを、毎日誰よりも多く見ていますし、
レシピもありますから、13うさぎ(ちゃん)をビックリさせようと思ったわけです。へへ。


最近、有機の見事な紅玉が入ったので、
ここ数日は紅玉をタップリ使ったスウィーツを作っています。

なので、今日はりんご(紅玉)とくるみのマフィンを、
マフィン用の型ではなく、ケーキ用の型で焼きました。

ちょっとアレンジを加える意味で。



これが後に悲劇を生むことになろうとは・・・。



13うさぎ(ちゃん)ほど手際は良くありませんが、
難しいレシピではないので、俺でもかなりイイ感じで生地ができました。

それを例のケーキ用の型に流し込み、オーブンへ。


約30分後、イイ感じで焼き上がりましたよ〜。

DVC00045.jpg
こんな感じ。



ところがですね・・・。



もっときちんと冷ましてから皿に移せばよかったものを、
も〜、うれしかったもんで、ついつい急いでしまったんですな・・・。



DVC00046_1.jpg


キャ〜ッ!

一部を除いて見事に崩れてしまいました・・・。




かくして俺の初スウィーツは、
最後の最後で散々な結果で終わってしまいました・・。



でもね、味は良かったですよ。味は。(涙)




そのうち店頭に並ぶ日が来ると思いますので、


お楽しみに〜。
posted by わこうちゃん。 at 20:17| Comment(3) | TrackBack(1) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

飽きない味。

わこうです。

今日は13うさぎ(ちゃん)が、勉強会でお休みのため、
私が一人で店番をしています。

土曜の午後の、半分ウキウキな、でも半分マッタリな、
そんな感じで店番しながらこの記事を書いてます。



ウチの店の近所は、住所が「新寺」っていうくらいだから、お寺さんが多いです。
新寺の隣町は「連坊(れんぼう)」と言います。

仙台市内でも、特にお寺さんが多い地域なんです。

私の個人BLOGにも書きましたが、この辺は私が小さい頃から長年住んだ場所なので、
地元に帰ってきて商売をしているような懐かしい感覚です。


さて、今日の午後、近所の方がふらっと、
「コーヒー飲めるんだべ?」と入っていらっしゃいました。

普通のスラックスにシャツというなんの変哲もない服装なのですが、
かもし出す雰囲気が、なんとなくお寺の住職さんのような感じがありました。

こう・・なんとも言えない威厳と風格みたいな。


当店は、純粋な喫茶ではない旨をお伝えし、了承をいただいた上で、
私のつたないうんちくというか、講釈を聞いていただきました。

一応レッスンカフェなので。


で、私の渾身のネルドリップ珈琲を、感慨深そうに飲まれ、

「ん!ウマイ!」と。


で、当店が、スローライフを提唱していること、
マクロビオティックをベースにしていること、
フェアトレードのこと、
私がマクロビというか、菜食に切り替えた経緯、
製品として珈琲を出しているのではないこと(商品ではあるけど、製品ではない)
ライフスタイルの提案を売っているのだということ

などをお話しさせていただいたところ、非常に興味を持たれたようで、
突然こんなお話しをされはじめました。


レストランに行くと、レストランはいつも同じ味を出さなければいけない。
出すたびに味が変わることは許されない。

私たちが、毎日そのレストランで食事を摂ったら、おいしいけれど飽きてしまう。

でも、家庭の誰かが作ってくれた料理は、ご飯の水加減が多いだの少ないだの、
味付けが濃いだの薄いだの、焼き方が焦げただの生っぽいだのと、
毎日違うから飽きないで毎日食べられるのだ。

だからホッとするのだ。


あんたの淹れてくれたコーヒーは、そんな家庭のホッとする味がする。

来るたびに、淹れるたびに味が違っても、
それがいいって言える、言ってもらえる店になりなさい。


と。


なんか、胸がグワ〜ッと熱くなって、涙が出そうになりました。


いつまでもそう言ってもらえるように、自分らしく生きていようと思います。




そんなコーヒーを、一度飲みに来てください。


名乗らなかったけど、やっぱりあのお客様は、近所のお寺の住職さんに違いない・・。
posted by わこうちゃん。 at 17:00| Comment(5) | TrackBack(1) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

玄米食。(後編)

わこうです。

ホントはひとつの記事にまとめるつもりが、
まとまらなくなってしまったので、2つに分けましたその続きを。


小田切と仕事で会う機会が増えていき、
その度にマクロビオティックについての話を聞きましたが、

正直なところ、大好きな肉食を止める気などさらさら無く、
これでもかぁ!というくらいたらふく肉を食ったあと、
まぁ、いつか気が向いたら、
ベジタリアン宣言をしようかなぁなんて、そんなノリでした。(笑)

私の頭の中では、
マクロビアン=ベジタリアン=肉を食わない
だったもので。(笑)


ただ、入院中に14歳の時から23年にも及んだタバコの完全禁煙に成功し(現在も継続中)、
なんか、「俺はやればできるんだ!」みたいな、変な自信は持っていました。

なので、一度ベジタリアンになると決めたら、やり通す自信はありました。

が、小田切から話を聞いても、すぐに取り組もうとは思っていませんでした。正直。




そんなある日、知人がお米の差し入れをくれました。玄米で30キロ。

詳細はこちらからどうぞ。


しかし、足が不自由なので30キロもの米を、精米所に精米しにいこうと思っても、
おいそれと運べるわけではなく、どうしたもんかと考えているときに、
小田切から「玄米のまま食べてみたら?」と、玄米食を勧められました。

で、それだったらカンタンだ!と、炊き方を教わり、自分で炊いて食べ始めてみました。


プチプチした食感が妙にいい感じで、抵抗無く玄米食に入ることができました。

その辺のことはこの記事からどうぞ。

そう思うと、知人から玄米をいただいたことが、すべての始まりだったのです。





現在、玄米食に切り替えて1ヶ月半が過ぎました。


クシ先生の本から、

玄米を食べると、タンパク質をそれで補給できてしまうので、肉を食べなくてもよくなる

みたいなことが書いてあるのを見つけましたが、私はそれは本当だと思います。


無理して肉を食べる事を我慢するのではなく、自然に食べなくてもよくなっていきました。



ホント不思議です。



だって、朝からバターでハンバーグを焼いて食べてるようなヤツでしたから。私は。(笑)



私の周りの友人は、「最近あんまり肉食ってないんだ〜。」と言うと、
「ゲゲェ!あれだけ肉が好きだったのに信じられない・・・。」と口を揃えて言います。(笑)

でもね、ホント無理してないんですよ。


そんな中、玄米食に切り替えて3週間〜4週間目くらいだったかなぁ、
体に変化が感じられるようになりました。


一時、逆に疲れやすくなったり、一時的に太ったりしましたが、
それを抜けてからは、一気にパンパンに膨らんでいた腹も引っ込み、
首まわりも細くなった感じがします。

まくろび庵オープンにあたって、睡眠時間がとても少ない日が続きましたが、
それでもいつも体が軽く、日中はパワフルに動きまわれました。

まぁ、精神的にも、オープンという事で気が張っていたからというのもありますが。


しかし、まくろび庵をオープンすると決めてから、実際のオープンまで正味1ヶ月半。
内装のペンキ塗りや床の張り替えまで自分たちでやってきました。

変だけど、このスピードオープンは、我ながらよく頑張ったなぁと思います。


詳細はこちらからどうぞ。


これも玄米を食べ続けてきたからでしょうか・・?




結局、前編・後編に分けてまで、私が何を言いたかったのかというと、
玄米食は私にとっては非常に、非常ぉ〜によかったのだということ。

大げさにいえば、玄米食で体をリセットして救われたというか。(ホント大げさ)


なので、これから玄米食に切り替えようかなぁと思っている方や、
ご家族と一緒に取り組みたいと思っている方が、この記事を読んで、
何かアクションを起こしてみるきっかけになればいいなぁと考えています。


マクロビオティックは、まずは何はなくとも玄米食から始まると私は解釈しているので、
超初心者の私が、玄米食やマクロビを取り入れて、身体がどう変わっていくのか?
生活がどう変わっていくのか?

なんていうことを書き続けていきたいと思っています。


こんな私ですが、皆さんよろしくお願いします。
posted by わこうちゃん。 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

玄米食。(前編)

わこうです。

今回は、「まくろび庵」開店までの経緯に欠かせない、
なぜ私がマクロビオティックを取り入れようと思ったかというパーソナルな部分と、
やってみての現在の状況を書いてみようと思います。

ちなみに、マクロビオティックの簡単な概要はこちらをどうぞ。

今後、私がこれを書いていくことで、
これからマクロビの世界に入ろうとしている方(特に男性)や、
ご自分だけではなく、ご家族と一緒にマクロビに取り組みたい方などの、
(特にご主人の健康が心配だという方など)ひとつの事例というかサンプルとして、
観察日記、成長日記みたいに読んで楽しんでいただければと思っています。


私はマクロビオティックの超初心者です。

一緒にまくろび庵を運営している小田切から、
優しく厳しく日々鍛えていただいているのですが、(笑)
そんなところからも楽しんでいただければ幸いです。



さて、前振りがかなり長くなってしまいましたが、
まずは、マクロビオティックを取り入れようと思った経緯を書いていきます。

プロフィールにもちょこっと書きましたが、
去年の暮れに交通事故に遭い、右膝を骨折し、手術・入院したことから始まります。


その辺の詳細は、私のBLOG「珈琲バカ。」の、この記事からどうぞ。
(ちなみに、三ヶ月に及ぶ入院中も、病院でBLOGを書き続けていました。)


それまでの私の食生活は、不動産業をしていたこともあり、接待や飲み会が多く、
特に入院時は忘年会シーズンということもあり、
肉食主体の生活+暴飲暴食で、
いつも酒の中を泳いでいるような感じで(笑)、
しかも変な太り方をして体が妙に重くて疲れやすく、
なのに性格はイケイケ(←古い)で攻撃的でした。超短気というか。

もともと血圧が高めで(特に下が)、でもかなり高くても無理して仕事をしていました。
面倒くさがりなので、薬も飲んでいませんでしたし。


正直、体のことを全く省みなかったわけではなかったのですが、
体質改善に取り組むきっかけもなくそのままズルズル。

というか、男の人生は太く短く!

な〜んていう風に考えて生きていました。バツイチで独身だし。(笑)


しかし、事故&入院&手術、そして、地獄のような絶叫リハビリに耐え、
「一生懸命生きなきゃ!」と思い始めました。


入院中はもちろん病院食でしたし、入院当初は血糖値も高く制限食だったこともあり、
バランスのとれた食生活で、体もイイ感じで引き締まり、
「食べ物でこんなに変わるのか・・。」と痛感しました。

特に、私が入院していた病院は、どちらかというと野菜と魚が中心のメニューで、
しかも、積極的にひじきを取り入れる栄養士さんが献立を作っていました。

入院患者の中には、あまりにも毎日ひじきが出るので文句をいう人もいましたが、
私は一人暮らしで外食続きの毎日でしたから、
ひじきみたいな素朴な料理なんて久しぶりだったので、飽きずに食べられました。

っていうか、ひじきにハマッたくらいです。(笑)


そんな入院中の充実した食生活でしたが、
いよいよ退院したのはいいものの、男の一人暮らしで、
しかも足が不自由なため、料理なんてする気もさらさら無く、
ひたすらレトルト食、インスタント食で過ごしていました。買い物すらおっくうでしたし。


そんな中、事故の示談交渉その他でもめ、
怪我の後遺症で仕事もできないし、人間不信に陥り引きこもりに。

家から一歩も出ない日が多くなっていきました。


そのときの私の体なんて、腹は異様に膨れ、
入院中にすっかりスリムになったのにその面影もなく、(笑)
変な太り方をしていましたが、「病院食のリバウンドだ。」くらいに考えていました。


そんなときに小田切に出会ったわけですが、事情を聞いた小田切は、

「今のわこうちゃんには陽性の力が必要だ!
マクロビ的にはホントは不本意だけど、お肉食べるなら、
レンジじゃなくてコンロで火を通して食べて!やさいもしっかり食べて!」 
と。


そこで、業務用食材のお店で、餃子やソーセージ、ハンバーグなど、
男の一人暮らしでもカンタンに調理できる食材を買い、自分で作って食べるようになりました。


するとどうでしょう、ちょっと極端で偏った反応ではありましたが、
陰にこもりがちだった気持ちが、何となく外向きに変わってきて、
知らず知らずのうちに、外に出る回数や、人に会う機会も増えていきました。

久しぶりのイケイケ(←だから古いって)な感じに、気持ちが戻ったというか。


要は、小田切が、私が意図して陽性化するように仕向けてくれたのです。



ただ、肉食中心なので、やはり変な太り方、体が変に重い感じは相変わらずでした。





ありゃ〜、長くなってしまいました。後編に続く。
posted by わこうちゃん。 at 03:31| Comment(6) | TrackBack(3) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。