2011年02月24日

02/25(金)ヨルマクBarメニュー

今夜はヒジョーに暖かい^^

猫がくっつきに来ないのでゆるりと書ける〜な
ホズミです!
こんばんは(^^♪


先日告知、募集開始いたしました『お手当て講座』
早くもエントリーしてくださったみなさん!ありがとうございます〜!!

東京や大阪のマクロビスクールでも、お手当てに特化したカリキュラムは
なかなかありません。


特に大根干葉の腰湯の体験や、鯉こくの調理を実際に行うとなると、
その性質上、実は準備も大変ですし、とてもレアなカリキュラムとなります。


犬や猫は痛いところをペロペロ舐めて治しますが、
人間には知恵があります。

身近な食材や調味料の持つ力を、より研ぎ澄ます工夫を凝らす、
台所ベースのセルフヒーリング。

台所が『生命の薬局』だと言われる所以。


副作用のない
リスクのない
自己治癒力増幅メソッド。


それぞれのお手当てにまつわるお話や
基本的な陰陽五行論のお話、
失敗談☆なども織り交ぜながら

みんなでワイワイ、楽しく体験しましょう^^

たくさんお話したいことがありますが・・・お手当て講座についてはまた別記事で!


まだまだ募集中です!お問い合わせもお気軽にどうぞ^^




さてさて^^

明日25日(金)は、ヨルマクBarの営業日です♪

今月もお野菜と穀物をおいしく楽しく召し上がっていただけるよう、
ココロを込めて調理いたします(^O^)/

翌日26日(土)と27日(日)は、スペシャルLunch Day☆

わこーさんとのコラボ・『玄米とお野菜のプレート』と
毎回変わる『オーガニックパスタのセット』をご用意。


昨年9月より、不定期ではありましたが、
毎月お届けして参りました『ヨルマクBar』と『スペシャルLunch Day』ですが、
次回から、指向を変えて、また違った形で開催させていただくことになりました


詳細はまた後日お知らせいたしますが、
ご来店くださった皆様に、これまで以上に楽しんでいただけるように、
また、これからもより多くの皆様にご来店いただけるように、
わこーさんとホズミのコラボ営業、バージョンUPしてお届けしたいと思っております



というわけなので、現行のシステムでは最後となる
明日のヨルマクBarのメニューをお知らせいたします!
 

少しずつ春の食材が入って来ています。

一気に色鮮やかになってくる旬のお野菜たちの芽吹きのパワー
オナカとココロに取り込んで間近な春を待ちたい気分!





02/25 fri  yorumaku @ まくろび庵    
oshinagaki


お野菜DELIONE WAYブッフェ  

お一人様 ¥1,000 (お替りNG   

季節のお野菜を中心にココロを込めて手作りしたDELI5〜6種を
  
お好みで自由に盛り合わせることができます。
      
※ご注文後、専用のプレートをお渡しします。
          
☆お替りは出来ません☆ 
  

☆お野菜Deliは 単品でもオーダー出来ます。 (1品¥400 
  


【本日のDeli 】     
○蒸し野菜のバーニャカウダ風ディップ ○ふきのとうの天ぷら
○雑穀とじゃがいものコロッケ ○白菜のサラダ仕立て  他・・・




□食事□

本日のオーガニックパスタ            ¥1000 
『菜の花と新玉ねぎの和風ペぺロンチーノ』 

具だくさん・玄米の豆乳クリームリゾット     ¥900 

玄米ごはん(単品)      ¥250 

本日のスープ 『にんじんのポタージュ』     ¥300   



Sweets

☆ゴホウビ系  ※卵・乳製品を使用してます。

抹茶スポンジのいちごショート仕立て       ¥500

☆マクロビ系
好評です^^いちご白玉あんみつ         ¥600





カラダも冬眠から覚める準備。

芽吹きとデトックスの春を楽しみましょう〜(*^_^*)



明日からの3日間、まくろび庵でお待ちしています。

わこーさんとホズミに会いに来てくださいね!


posted by ホズミ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | まくろび庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

山村塾札幌校開講決定!


DSCN8551.jpg

わこうです。

去年から募集を開始いたしました、山村先生の望診法講座札幌校の、
開催が決定いたしました!


先週、また札幌にお邪魔してきたのですが、
北海道在住の自然食やマクロビオティックの先駆者の方々にお会いさせていただき、
熱い語らいをたくさんしてきました。

個人BLOGの方にも書きましたが、いやー、北海道好きですねー。


北海道には、土地柄的に本州とはまた違う独特の雰囲気と文化があり、
食に対する考え方や習慣もまた独特です。

また、世界中の自然食、マクロビアンが大絶賛している、
「世界一のかぼちゃ」、北海道のかぼちゃを始めとし、
北海道は食べ物の宝庫です。


だからこそ、その地で望診を活かして大切な方の健康管理をしたり、
望診を仕事に生かしていく方々を作っていくことが急務と感じています。

そういう大義を差し引いても、山村先生の講座は、マジでおもしろいですよ。

笑いの中にも信念と愛があります。


その、山村先生の講座を札幌で開催できることは、
主催として、また、身近で山村先生を知る者として、本当にうれしい限りです。

素晴らしい講座になりますよう、精一杯尽くします。

北海道の皆さん、よろしくお願い申し上げます。



さて、本講座ですが、開催は決定いたしましたが、定員にはまだ空きがあります。


本講座は、初級・中級・上級と3段階になっています。

今回開催するのは、初級となります。



初級講座を修了すると、望診ができるようになります。

陰陽五行の基礎から始まって、身体の部位と関係する臓器のこと、

そして、臓器それぞれのことを網羅していきます。



陰陽や五行のことを知らなくても大丈夫です。

また、10回の講座が終わると認定試験があり、
「望診診断士」という認定を受けます。


初級の試験をパスすると、今度は中級になるわけですが、
中級では、望診の結果をもとに、食事の組み立てを考える、
「食箋」という、食べ物の処方箋を出すための勉強に入ります。

各臓器ごとの機能や、それを補う食材を徹底的に勉強します。


中級まで修了すると、食事指導を受けることができますので、
仕事として活かすことができます。



そして、上級になると、実際に患者さんを担当し、
山村先生のサポートのもと、望診〜食事指導を数ヶ月にわたり行います。

また、上級修了者は、講演会や勉強会の講師として活動できるスキルが身につきます。


主催としてずーっと各クラスを見てきましたが、上級が一番おもしろいですねー。


担当した患者さんの体調が好転していく姿を見るのは、
本当にうれしいものです。


山村塾はこういった流れとなります。



まだまだお申込を受け付けておりますので、
ご検討中の方や、開催を待たれていらっしゃった方は、この機会にぜひお申し込みください。


北海道を熱く盛り上げていこうじゃありませんか!


以下、カリキュラムと詳細です。


望診法指導者養成講座 初級 全10回

2011年

5/12 (木) 19:00〜21:30     宇宙の秩序 顔の望診     

6/9 (木) 19:00〜21:30    
宇宙法則の応用 陰陽五行     

7/14 (木) 19:00〜21:30    
人体の構造と機能における対立と相補 目・眉         

8/11 (木) 19:00〜21:30    手・足   
  

9/15 (木) 19:00〜21:30    口・歯           

10/13 (木) 19:00〜21:30       消化器T 肝臓       

11/10 (木) 19:00〜21:30      
消化器U 胃・腸        

12/8 (木) 19:00〜21:30       呼吸器  肺      

2012/1 (木) 19:00〜21:30       循環器  心臓     

2012/2 (木) 19:00〜21:30    泌尿器・生殖器  腎臓・膀胱


さらに、検定試験(有料)があり、合格者には認定証を発行いたします。

※日程が変更になる可能性もございます。その場合は早めにご連絡いたします。


場所 スタジオaura 風の音治療院

札幌市中央区大通西23丁目2−25 ラメール円山1F
地下鉄東西線「西18丁目駅」、「円山公園駅」から徒歩5分


定員 30名


受講料 
157,500
 (全10回分前納 2回分割可)
クレジットカードが使えます。

※なお、お支払い方法につきましては、可能な限りご相談に応じます。


お申込方法

専用お申込フォームに必要事項を入力の上、送信してください。(SSL対応)

※まくろび庵キャンセル規定(必ずお読みください。)



お申込フォーム入り口はこちら。

ケータイの方はこちら。

※メールアドレスの入力間違いにご注意ください。

※お申込み受付後、当店よりメールもしくは郵送にてご案内をいたします。

※エラー等のトラブルの場合は、info@caferoman.tvまでお知らせください。
※お申込みから一週間経っても当店からのメールが届かない場合、ご一報ください。




・お申込みが15人を超えましたら、お支払い方法などのご案内を差し上げます。
・※印は必須項目となり、未入力の場合はエラーが出ます。

・ご入力後、自動返信メールがお手元に届きます。

・申し込み多数の場合は先着順といたします。

・ご入金(決済)の確認をもって、正式にお申込完了となります。

・カードご使用の場合は、別メールにて決済のご案内を致します。

・クレジットカードOKです。 visa master Nicos
 (パソコンかケータイからのお手続きとなります。)

・ひと月ごとの分割納入はできません。ご了承ください。

・振り替え・補講はありません。ご了承ください。




ご参加をお待ち申し上げております。
posted by わこうちゃん。 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

お手当て専門講座開講!


わこうです。


ここ最近、お手当てに関する記事を、俺もほずみちゃんも書いてきました。


俺の記事はこちら。


ほずみちゃんの記事はこちら。



お手当てというのは、マクロビオティックや自然食で言うところの、
民間療法的なもので、薬ではなく、たべものを使って、
体調を整えたり、時には治療を行うものだと俺は認識しています。


身体が冷えたり朝起きて立ち上がらないときは梅醤番茶、
動物性タンパクを摂りすぎて頭痛や体調不良になったときには、椎茸スープや大根湯、
発熱時の発汗促進にも、大根や生姜を使います。

そんな、内用のお手当てもあれば、
打ち身やねんざ、ガンを吸い出すと言われる里芋パスターや、
生姜湿布、こんにゃく湿布などの外用のものまで、「お手当て」と言われるものには、
様々なものを使います。


自然食や食養、マクロビオティックでも、お手当てはいろんな書物等に書かれていますが、
では実際に体験したことがある方はどれだけいらっしゃるでしょうか。


俺も先日経験したのでわかりましたが、
お手当ては基本的に自分のためにはあんまりやりません。

家族や大切な人が苦しんでいたら何が何でもやります。


俺のパートナーのりえさんも、時折喘息の発作が出るときがあるので、
いつ発作が出てもいいように、それなりなお手当ての準備がしてあります。


一昨年、伊豆で行われた、大森一慧先生のお手当て講座に、
スタッフ側で参加させていただき、あらためて、お手当ての重要性を再認識しました。

その時の記事はこちら。



さて、この一慧先生の講座が素晴らしかったこともあり、
仙台でもお手当て専門の講座ができないかなーと考えていたわけなんですが、
超身近にエキスパートがいたんですよ。





IMG_4379.jpg

毎度おなじみのほずみちゃんです。


何度かこのBLOGに書いてきましたが、
ほずみちゃんは、15歳の時に桜沢先生の愛弟子である、
田中愛子先生の元で住み込み修業をしたという、
これまたなかなかレアな経験を持っているわけなんですが、
愛子先生のところにいらっしゃる患者さんのお手当てをしたのが、彼女の礎となっています。


その後、一度マクロビオティックから離れたものの、
数年前にまたこの世界に戻ってきたわけです。


最近では、彼女自身が記事に書いたとおり、
ガンになったおじいちゃんのお手当てをしたり
再生不良性貧血になった甥っ子のために、鯉こくを作ったりお手当てしたりと、
ちゃーんとお手当てを知識で終わらせることなく実践で使いまくっています。


愛子先生や山村先生などの大先生を除いては、
俺の身近で、彼女が一番お手当ての経験が多いんじゃないでしょうか。


こう見えても、ほずみちゃんには今度高校生になる一人娘ちゃんがいるので、
彼女のためにも無数にお手当てをしてきたはずです。



そんなほずみちゃんが、

お手当法の講座をまくろび庵で開講します。


内用から外用まで、多岐にわたり網羅しますよ。

カリキュラムは、「外用」「内用」「調理」と、3種類に分かれます。

外用のお手当てに関しましては、女性限定の講座となります。


以下、ほずみちゃんからのメッセージです。


人はお腹が痛かったり、頭が痛かったりすると、無意識に手のひらを当てます。
肩が凝ったり、足がつったりすると、自分で揉んだりさすったりします。
小さいころお母さんもそうしてくれました。

「お手当て」はそうした気持ちの延長です。

食生活を見直すことで内側から。

有効なお手当てを施すことで外側から。

自然治癒力を最大限に発揮できる状態に、
自分自身を助けてあげられるセルフヒーリング、「お手当て法」。 

マクロビオティックのもう一つの利点です。

痛い場所に、手を当てる。

とても人間的なその優しい本能に、日常で使う食物や調味料を巧みに合わせることで
カラダに負担をかけることなく、回復を促すことができるようになります。

スローフード・スローライフ。そしてスローヒーリング。
古来からの民間療法には、実は陰陽や五行など東洋医学の知恵が満載です。

数々の方法の中から現代人の悩みに有効で実践し易いものを中心に選りすぐって
体験しながら学べるプログラムを作りました。

 ムズカシイ薬や高価な機械を使わなくても、大切な人が苦しんでいるとき、
手のひらだけでなく、身近なものの力を借りて癒す手段を身につけてみませんか?




お手当て法講座 全9回
 4月開講

金曜昼、土曜午後のクラスと2クラス

定員各クラス10名ずつ

金曜10時半〜13時
土曜日 13時〜15時半



カリキュラム

4月1日(金)10:30〜13:00  2日(土)13:00〜15:30

外用★ しょうが湿布・しょうが油・豆腐パスター


       血行を促進して患部を「温める」方法
       解熱など患部を「冷やす」方法  用途が多いので覚えておくと重宝します。 
  

5月6日(金)10:30〜13:00  7日(土)13:00〜15:30

外用★ 里芋パスター(青菜パスター)そばパスター


       腹水や汚血・毒素を皮膚の表面から吸い出す方法 
       ※ほとんどの場合しょうが湿布と組み合わせて実行するので
        1回目と合わせての受講がお勧めします。


6月3日(金)10:30〜13:00  4日(土)13:00〜15:30

外用★ 大根干葉湯


       婦人科系・腎臓疾患など冷えからの症状に一番のおススメ技。
       実際に腰湯を体験できます。ご家庭でも簡単にできる女子力UPの
       セルフヒーリング。

7月1日(金)10:30〜13:00  2日(土)13:00〜15:30

調理★ 鯉こく 

       造血作用の強い食養料理。生きた鯉を丸ごとさばいて、その3倍量の
       ごぼうと煮込みます。母乳不足や貧血に即刻性あり。
       通常の料理教室では滅多に作らないので、超レア!です。


8月19日(金)10:30〜13:00  20日(土)13:00〜15:30

内用☆ 梅しょう番茶 塩番茶 梅肉エキス 椎茸スープ 他。


       お手当てドリンクの王道・梅しょう番茶を筆頭に、様々な効能・用途の
       ドリンクを実際に作って飲んでみる。陰陽バランスや毒消しがテーマ。
       バリエーションレシピもあります。


9月2日(金)10:30〜13:00  3日(土)13:00〜15:30

内用☆ 第一第二大根湯 れんこん湯 黒豆煮汁  他。


       ドリンク2回目は解熱・利尿・呼吸器の養生。同じ素材でも使い方で
       全く違うアプローチができます。また症状の性質によってアプローチを
       変える必要が出てきます。似てるようでちがうお話。


10月7日(金)10:30〜13:00  8日(土)13:00〜15:30

調理★ 玄米クリーム
 

 

       離乳食や重病の方の養生食に。玄米を炒って炊いて濾して煮つめて・・・
       とても消化吸収の良い陽性のエネルギー食。
       便利な市販品もありますが、手作りはパワーが全然違います。


11月4日(金)10:30〜13:00  5日(土)13:00〜15:30

調理★ 甘い野菜のスープ・小豆かぼちゃ


       血糖値のコントロールや、甘いモノに対する執着を外したいとき、
       その効力を発揮するスープ。糖尿病さんの大きな助けになります。
       小豆かぼちゃもいっしょに作ってみましょう。


12月2日(金)10:30〜13:00  3日(土)13:00〜15:30

調理★ 鉄火味噌 

       ごぼう・人参・蓮根を砂粒状の極みじん切りにしてじっくり炒め
       古式豆味噌を合わせてさらに長時間炒りあげる超陽性食。
       カラダを温め、活力を上げます。
       時間はかかりますが、市販品の数倍おいしく作れます。


※日程は変更になる場合がございます。変更の際は早めにご連絡いたします。


参加費
☆内用3,500円 (8月・9月)
★外用・調理4,500円(4〜7月・10〜12月)

全9回参加・・・計38,500円

一括前納申し込み特典 3,500円引きで 35,000円

前納の場合は、お申し込みより10日以内にお支払いください。


★お支払い方法 現金でのお支払い、銀行振込



★定員 各クラス10名



■お申し込み方法 

下記リンクから、お手当て法講座お申し込みフォームにアクセスして、
必要事項をご入力の上送信してください。

※印は必須項目となり、未入力の場合はエラーが出ます。


 
※まくろび庵キャンセル規定(必ずお読みください。)

 
 
 
 
※メールアドレスの入力ミスにご注意ください!

 

お申し込みはこちらのリンクをクリック!(SSL対応)

ケータイの方はこちら。


 

何か不具合がありましたら、
info@caferoman.tv
までメールにてお知らせください。

 
※ご入力内容を送信すると、
入力アドレス宛に自動返信メールが送信されます。
(万が一届かない場合は、メールアドレスの入力ミスなど無いかお確かめください。

 
 

※お申し込みは、先着順とさせていただきます。



お手続き方法のご案内を、メール、もしくは郵送(封書)にてご連絡いたします。

 


ご参加をお待ち申し上げております。
posted by わこうちゃん。 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | まくろび庵のレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

B級グルメDE自然食2期生募集。


DSCN9765.jpg

わこうです。

先日、俺のクッキングレッスン、「B級グルメDE自然食」が始まりました。

第1回目は、安い圧力鍋を使った玄米の炊き方と、
日本人の心、自然食でのお味噌汁の作り方をお伝えしました。


いやー、俺がクッキングレッスンなんてどこでどうなったらこうなるの?
って感じなんですが、始まる前はかなり緊張しましたが、
始まってしまえばいつもの感じで、リラックスして進めることができました。

参加者の皆さんにも助けられた感があり・・
本当にありがとうございます。



さて、手持ちの圧力鍋や安い量販店で売っているような圧力鍋でも、
おいしく玄米を炊くコツをお伝えしたわけですが、
大切なのは「考えること」。

俺が買った圧力鍋にオマケで付いていたレシピ集にも、
玄米の炊き方が書いてありましたが、
その通りやってもふっくらおいしい玄米は炊けません。

よくこんな適当なこと書けるなーと腹立たしくさえ思います。



無数にある料理教室や、インターネットの情報でも、
実に様々な玄米の炊き方が公開されています。


しかし、大切なのは、自分好みの玄米を、
自分が持っている道具とお米で、どうやったら最大限使えるのか?
と、考えて、試してみることです。


その、ひとつのものさしとして、俺の玄米の炊き方をお伝えしました。

参加者の方がBLOGに記事を書いてくださいました。

その記事はこちら。(かなえさんあざーす!)



受講後、早速圧力鍋を買いに行かれた方もいらっしゃいましたし、
早速家で炊いてみた写真を送ってくださった方もいらっしゃいました。

こうやって、玄米食や自然食が敷居高いものではなく、
身近に感じてもらえることがうれしいですねー。


先日のレッスンには、河北ウィークリーさんの取材が入りまして、
2/10に折り込まれる河北ウィークリーに掲載されるそうですので、
ぜひチェックしてみてくださいね。


さて、調子に乗ってというわけではないんですが、
平日の夜のレッスンは参加が難しいというお声もチラホラありまして、

土曜日のクラスを設けることに致しました。


開催はちょっと先で4月からとなります。
11時から13時30分までの2時間半のレッスンです。


以下、詳細とお申込方法です。


B級グルメDE自然食

2期生(土曜のクラス)


★カリキュラム




1、圧力鍋DE玄米と味噌汁 

2011年4月16日(土)
11:00〜13:30

自然食の基本、玄米と味噌汁のレッスンです。

圧力鍋で玄米を炊くと言っても、
「圧力鍋を持っていない」という方もいらっしゃると思います。

そこで、ドン●ホーテで売っているような、超安い圧力鍋でも、
おいしく玄米を炊く方法をお教えします。

まずは、圧力鍋の入り口としていかがでしょうか。

また、山村先生も「美味い!」とうなった、俺の味噌汁の作り方も伝授します。




2、自然食DEバカウマパスタ

5月14日(土) 11:00〜13:30

自然食には、「へー!そんなのがあるんだー!」という、
調味料や食材がたくさんあります。

その中のいくつかを使って、オーガニックのナポリタンと、
病みつきになる味の超カンタン和風パスタを作ります。

俺の隠れた必殺技です。

株が上がるること間違いナシ!(笑)



3、ノーミートDEボリューム揚げ物

6月18日(土) 11:00〜13:30  

自然食にはお肉の代用品になるものが多々あります。

当店の、玄米カレーの上に乗っている、車麩のフライもそのひとつです。

なぜお肉を使わないのかはまず横に置いといて、
ノーミートでもこんなに美味いのか!という揚げ物を作ります。

ビールのつまみにも最高ッス!

大好評をいただいている当店の車麩のフライも、
ついに作り方を公開しちゃいますよ!



4、 無添加DEラーメン&ノーミートチャーシュー丼

7月16日(土) 11:00〜13:30

B級グルメの代表選手と言えば「ラーメン」ですね!
俺もラーメン大好きです。

しかし、市販の、また、外食のラーメンには、
「MSG」(マイケルシェンカーグループじゃないですよ!)を始めとした、
いろんな添加物が使われています。

しかし!自然食には安全なインスタントラーメンがあります!

インスタントですよ!


別に、麺を自分で打つとか、そんな面倒なことはしなくても、
お手軽に自然食のラーメンを楽しむことができます。

小腹がすいたときなんかにバッチリの必殺技です。
(自然食とはいえども、偏りすぎるので常食はダメです。)

さらに、またベジなミートを使って、チャーシュー丼も作ります。

いや、うまいんだ。これが。マジで。



5、圧力鍋DEカンタン野菜スープ


8月20日(土) 11:00〜13:30

玄米のレッスンのあと、圧力鍋を買った人がいるのでしたらなおのこと、
圧力鍋の超便利な使い方を伝授します。

あっという間にできる野菜スープです。

簡単すぎて「金返せコノヤロー!」とか言わないでください。(笑)

簡単なのにすげーウマイです。



6、圧力鍋DEカンタンカレー

9月17日(土) 11:00〜13:30 

5回目の野菜スープの応用編で、カレーを作ります。

カレーは、野菜をトロトロになるまで煮込むからおいしいわけですが、
ゆっくり煮るのが待てないせっかちさんのために、
スピーディーに作れるおいしいカレーの作り方をお教えします。

秘伝のバリエーションのつけ方も特別に教えちゃいますよ!




★参加費 
1回あたり4200円(当日集金) 

6回分を前納の方は、25200円→ 22680円
(10%OFF)
前納の場合は、お申し込みより10日以内にお支払いください。


★お支払い方法 現金でのお支払い、銀行振込



★定員 4名

定員を超えた場合は、クラス増設で対応いたします。
その際、日程の調整をお願いする場合がございます。
 


■お申し込み方法 

下記リンクから、B級グルメDE自然食お申し込みフォームにアクセスして、
必要事項をご入力の上送信してください。

※印は必須項目となり、未入力の場合はエラーが出ます。


 
※まくろび庵キャンセル規定(必ずお読みください。)

 
 
 
 
※メールアドレスの入力ミスにご注意ください!

 

お申し込みはこちらのリンクをクリック!(SSL対応)

ケータイの方はこちら。


 

何か不具合がありましたら、
info@caferoman.tv
までメールにてお知らせください。

 
※ご入力内容を送信すると、
入力アドレス宛に自動返信メールが送信されます。
万が一届かない場合は、メールアドレスの入力ミスなど無いかお確かめください。

 
 

※お申し込みは、先着順とさせていただきます。



お手続き方法のご案内を、メール、もしくは郵送(封書)にてご連絡いたします。

 


ご参加をお待ち申し上げております。

posted by わこうちゃん。 at 17:09| Comment(1) | TrackBack(0) | まくろび庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

じいちゃんのガンにお手当てをするホズミ。

週末3日間、ヨルマクBarとCafeの営業に
今回もたくさんの方々においでいただき、ありがとうございました!!

ゴハンやスイーツたちを写真に撮ってくださって
ツイッターにUPしてもらえたりも♪
毎度とってもはっぴーなホズミでございます^^


きょうは我らのアニキ・わこーさんの新講座「B級グルメDE自然食」の初日。
もう終わったころですね(今22:30)。

私もまだレシピを知らない料理もあるし、ワクワク気分で
巨人の星の明子ねえさんバリに物陰からジッ〜っと見ていたい欲望を抑え
ホーム・相馬でオシゴトしておりました。

以前、少しだけ、
私がまくろび庵にやってきた理由。を書いてみました。

過去記事はこちら↓
http://macrobian.seesaa.net/article/179689721.html


私の昔話は今後少しずつ暴露してまいりますが(ムフ)
前記事でわこーさんがゴージャスに前フリしてくださったので
きょうはちょっと最近の話を。


私は普段、福島県相馬市でお店をやっておりますが、
うちのお店は私の母が30年以上前から続けてきた自然食品店に
5年半前に私がcafeをくっつける形で今の形態になりました。

私が小学生だった頃、母は相馬で田中愛子先生を招いて
マクロビオティックの料理教室などを主催しており、
その頃のご縁から、中学を卒業後、愛子先生の下で勉強させていただくことに。

当時愛子先生は、富士山にほど近い静岡県御殿場市に「富岳庵」という
研修療養施設を構えておられ、健康道場や勉強会を開催されたり
泊まり込みで体質改善をしたい利用者を受け入れていらっしゃいました。
私は住み込みの研修生として、イベントのお手伝いや利用者のお世話などを通じて
現場でそのノウハウを知っていくことになりました。


マクロビオティックは今でこそ若い女性や
海外のセレブなども実践する、オシャレ感溢れるイメージが定着しましたが、
当時は病気療養での利用者が大半(というか全部)。

マクロビオティックには食事だけでなく、外側からのケアも合わせて行う技法があります。
それが「お手当て法」と呼ばれるものです。

普段の食生活で自分の体調をコントロールしていくのがベストで
もちろんそれが大前提なのですが
奥の手、とでもいいましょうか、素材の持つ力を最大限に引き上げて活用する
内用、外用のセラピー。


昨年、ごく身内の大切な人間が続けざまに小さくない病気になりました。

愛子先生のところで学んだ諸々。
山村先生に教わってきた色々。
頭もカラダもフル回転させて、考えられることをすべて実践する
必然がやってきました。


祖父が胆のうガン。
小学6年生の甥が再生不良性貧血。

どちらも軽くないステージでした。


まず最初は祖父。
威厳のある、というか平たく言えばおっかないじいちゃんで、
あんまり甘えたりした記憶はないのだけど
何年もかけてコツコツいろんな実のなる木を植えた
「宝の山」と呼ぶ丘に成る梅の実を
私がせっせと採りに行くのを喜んでくれてた。
(10人いる孫の中で私くらいだからね、そんなことするの☆)

そう!わこーさんの梅干しの梅のじーちゃんです!


胆のうを切除する手術を希望して入院。
手術は成功して回復し、縫合痕もとてもキレイで
退院後は温泉療養などのんびりしていたのですが
肝臓にも転移が。

かなり進んだ状態で、腹水が溜まり
圧迫で眠れず、食欲も落ち、
どちらかというと恰幅の良かった祖父はどんどん小さくなりました。

大好きなじいちゃんのためです。
楽になる方法をと、孫はいろいろ始めました。

腹水というのはただの水でなく、生命活動に必要な成分を多く含んでいるので
注射器で抜き続けてしまうと当然体力も大幅に失われます。


お手当てには皮膚の表面から水分だけを抜く目的のものがあります。

・里芋パスター
・そばパスター

状態に合わせて使い分けるのですが、
肝臓のガンからの腹水はとても陰性なので
陽性なそばパスターをチョイス。


患部をまずしょうが湿布で温めて、血液を集中させて、
お湯で練ったそば粉をさらしに伸ばして張る。

足裏も温めて同じように。


上手に水が抜けたら、里芋の方に切り替えて
ガンそのものの毒性の吸い出しをと思っていました。


利尿促進のために大根湯と玄米スープを組み合わせたり
冬瓜をうす塩で煮て食べてもらう。
造血とカラダを温めるためにごくみじん切りの根菜と豆味噌を
2〜3時間炒り上げる「鉄火味噌」をおかゆのあてに。(コレお気に入りだった様子)


鳴子温泉で療養中に相馬から1日に2往復して
そばパスターを取り替えに行ったりもしました。


頑固に溜まり続ける腹水でしたので
病院で何度か抜いてもらいながらも、
お手当てを続けると溜まるスピードが遅くなるので
祖父は頑張って受け入れてくれていました。


衰弱が進んで入院を選択してからも
点滴よりは、と、玄米クリームを仕立てて病室へ運び。

玄米を炒ってからおかゆを作って
さらしで漉し取り、それをさらに数時間火にかける。

生命エネルギーの高い玄米の力は
弱った人間の生命力を柔らかく支えてくれるので
丁寧に、願いを込めて仕立てます。


祖父のガンも腹水も
祖父に似て頑固で

最先端の医療も、古来からの技法も、
祖父をこの世に引き留めることは叶いませんでしたが。


冷たく堅く張っていた祖父のお腹が
しょうが湿布でほのかに赤くなる様子や、
おしっこの出が良くなって、
睾丸にまで溜まっていた腹水が引いてきたと喜ぶ祖父の様子や、

食欲が落ち、何も欲しがらなくなってからも
鉄火味噌は病室まで持ち込んでいたことも、

祖父も、私も、確かな変化を通して、
細胞や生命活動の不思議や神秘を、
摂理に沿った手段の手ごたえを、
小さいけど、ひそかだけど、感じ取ることができていました。


おかげさまで、母子2代、健康とか、ゲンキとかに関わることを
お仕事にさせていただいてるので、
病院にもほとんど縁がなく(歯医者さんくらい)
祖父も82歳でしたが生まれて初めての大病で

私も初めて、大切な家族への「お手当て」を
けっこう頑張って取り組むことになったのでした。


病状がだいぶ進んでいて、なかなか厄介で、
やり残したこと、というか、
これでよかったのか、とか、
もっとこうしてればとか、尽きないのですが、

四十九日を過ぎて、
気持の整理もついたかとこうして書き綴ってみる間も
ウルウル。。。ポロポロ。。。なのですが。


祖父に、してあげられることがあって良かった。

それだけは、思えるんです。

痛がってる、苦しんでいるのが身近な人だと
より一層、なんとかしてあげたいと願うのが心理。




多くの方が、愛子先生のもとで、健康を取り戻されていくのを
間近で見ていました。

こんな風に実践する日が来ること、
なんとなくはわかってたつもりでも、現実はもっと過酷でした。



祖父の闘病と並行して
遠く静岡の地で、甥っ子も怖い病気と向き合っていました。

そちらはまた次回、別の記事としてお話しますね。

posted by ホズミ at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | まくろび庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

お手当。


わこうです。

先日、半断食合宿の報告記事を書きました。

その記事はこちら。



参加者の皆さんの様子を客観的に見ていて感じたのは、
皆さん日に日に肌のツヤが良くなってきてるなーということでした。


こう・・食べないからといってやつれたりするのではなく、
逆に皆さん顔がだんだんスッキリしていい感じになっていくというか。


参加者の中には、履いてきたズボンがブッカブカになるほど、
おなか周りがスッキリされた方もいらっしゃいました。



最終日には、皆さん眼力が出ている感じで、
こう・・穏やかの中にも、芯がビシッと入った感じというか。

その変化は歴然でしたよ。



やっぱり半断食恐るべしって感じです。




さて、今回の合宿の工程の中には、
山村先生のオリジナル講座があったわけなんですが、
今回は、いろんな症状への食べ物の選び方と、お手当が中心のお話でした。


俺は発熱して、しかも初日は寒気がしてなかなか気力が出てこない。

そんな中での先生のお話だったので、本当にタイムリーでラッキーでした。



そしたら、あろうことか、今度は俺のパートナーのりえさんがダウン!

半断食合宿が終わって家に帰ると、うんうんと苦しそうに唸ってました。



そこで早速、山村先生に教わったことを即実践です。



そしてたまたま今回、この合宿で使おうと、
山村先生が使っているびわ温灸セットと同じものを購入していましたので、
即、びわの葉温灸を実施することができたのもラッキーでしたね。


ちなみに、その商品を扱っている、「枇杷の夢」さんはこちら。

※びわの葉は自分で用意します。


俺も今回、このサイトから購入させていただいたんですが、
初回は代引きのみでの購入なのですが、
このセットを買うと、送料や代引き手数料無料!

在庫確認するのに、電話でも問い合わせたのですが、
通販担当の方はとても感じの良い方でしたよ。




話は戻って、まずはりえさんにびわの葉温灸です。

熱は無いのに苦しそう。

しかも、ぜんそくの発作が出かかっていたので、
腎臓まわり、肝臓まわり、肺のまわりを中心に、ウラオモテ温灸しました。

食欲が無いということで、りんごを一個すりおろして食べてもらいました。


翌日。

まだ熱が出ない感じなので、氣が虚してると判断。
また、関節が痛い痛いと言っていたので、腎臓もヤバイ感じ?

氣を上げる食材で、家にあるものですぐ作れるものを考え、
腎、肺を補うために、大根(辛味)を中心に野菜をぶっ込み、味噌味(鹹味)で玄米おじやを。


そして、山村先生の講座の中で、鮭の話が出てたなーと思いだし、
冷蔵庫の中にあった、以前いただいた鮭をぶつ切りにしておじやに入れました。
氣を上げるためです。



いやー、俺も病み上がりだし、断食明けなのでフラフラ・・。


でも頑張って作りましたよ。


そして、それを食べてもらったあとで、またびわの葉温灸。



すると、やっと熱が出てきました。

上がるも上がる、39.6度!



最初は、身体が熱を出す気力も無かったんじゃないかなーと。

それが、氣を上げるものを食べたために、やっと熱が出始めた、
そう判断しました。



俺は治療家じゃないし、薬じゃなくて食べ物を使ってお手当てするわけですから、
そういう意味では、「失敗したらどうしよう」といったプレッシャーは無かったです。


いよいよやばくなったら山村先生に電話して聞こうと思ってましたし。(役得)



しかし、熱は出たものの、相変わらず関節が痛いと言っていたので、
もっと補腎をしなきゃないかなーと思って、あさり(鹹味)を買ってきて、
長ネギ(辛味)を焼いたものと一緒におすましを作りました。

これが効いた!


飲んでまもなく、「あれ?関節が痛くない・・。」と。


少し時間を置いてから、今度は発汗を促すために、
ショウガ(辛味)を大量にすって、蜂蜜(甘味)と一緒にお湯で割ったものを飲んでもらいました。

また、解熱のためにりんごも。(発汗・解熱)



すると、じわーっと汗がにじんできたので、
とにかくストーブをガンガン焚いて、毛布でぐるぐる巻きにして、
あったかくして寝てもらいました。

すると、みるみるうちに熱が下がってきて、ものの3時間くらいで7度3分に。


おっしゃー!と手応えを感じましたね。


次の日も補腎のためにあさりのおすましを作ったりして対処。


その後は症状が落ち着いたようで、関節の痛みも収まり、
結局ぜんそくの発作も出ず、なんとかやり過ごすことができました。




いやー、今回ほどいろいろ考えてお手当したことないです。

だけど、お手当てすればしただけ顕著に反応が出るので、
本当に勉強になりましたよ。


熱が出始めてからはジェットコースターみたいでしたからね。


お手当の大切さを実感しましたよー。本当に。




さて、もうひとつ。


「お手当」と言えば、ぼすみちゃんです。

山村塾生の間では、ほずみちゃんのお手当の話はいろいろと語り継がれていますが、
実は、去年からほずみちゃんの甥っ子さんが、再生不良性貧血により入院し、
「鯉こく」を作って静岡まで届けたり献身的なお手当の甲斐あって、
いまはすっかり全快した話だとか、
去年お亡くなりになったほずみちゃんのおじいちゃんが、
膵臓ガンが発覚してからのおじいちゃんにしたお手当の話とか、
愛子先生のところで修行中のお手当の話とか、いろいろ引き出しが満載です。


その辺の話は、そのうちほずみちゃんがこのBLOGに書いてくれます。



そして、近日、
それにまつわる重大な発表があります。

今年、ほずみちゃんが暴れまくりますよ!




現在準備中ですので、もうちょっとだけお待ちください。
来月中旬には発表できると思います。



俺は今回、りえさんのお手当を通じてたくさんの気づきがありました。

こうして日々過ごせることに感謝です。


ありがとうございます。

 
posted by わこうちゃん。 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/28(金)ヨルマクBar メニュー

いつのまにやらシブ〜くリニューアルしたブログデザイン。
ステキだわ☆

おかんいなくなってちょっとサミシイけども
バナーに写真のっけてもらって
ちょっとテレりんぐなホズミです!


山村先生と行く半断食合宿!
無事終了いたしました。
参加者の皆さんと一緒に講座やお参りなど
有意義に過ごさせていただきました。

わこーたんが発熱してしまい、一瞬不安でしたが
さすがアニキ☆体調不良もなんのその。
毎朝自宅で玄米を炊き、参加者全員分のおむすびを一人でにぎって
届けるという、行のようなお仕事もしっかりこなし、
全く土地勘のない私に、散策の道順を冒険の地図を記すかのように
書き示し、
車で分乗しての七福神や慈眼寺参りも、配慮溢れる先導道案内を
こなしてくださいました!!

至らない点も多かったと思いますが、
参加者の皆さんのご協力で、
笑いと気づきが満載の楽しい合宿になりました。

参加者のみなさん、ありがとうございました!
わこーのアニキ、お疲れさまでした!!

今年はなんだか幸先よさげ♪


さて!明日28日は久々のヨルマクBar!!

メニューをお知らせします(*^_^*)

これまでも前菜はカウンターにズラッと並べて
お客様に食べたいだけ自由に盛り付けしていただいておりましたが、
その辺をしっかりメニューに明示いたしました♪
食べ放題・・というわけにはいきませんが、
ココロを込めて、カラダがヨロコブお惣菜をご用意しますので、

・おつまみに♪
・玄米のお供に♪
・お食事の前菜に♪

ぜひぜひ味わってみてくださいね〜!

レシピも意外とあっさり喋っちゃってますから、
なんでも聞いてくださいな♪


ほいでは!Yo!ちぇけらっちょ〜!!

01/28 fri  yorumaku @ まくろび庵               oshinagaki                 

☆お野菜DeliONE WAYブッフェ☆  
お一人様 ¥1,000 (お替りNG   

季節のお野菜を中心にココロを込めて手作りしたDeli5〜6種を
  
お好みで自由に盛り合わせることができます。
      
※ご注文後、専用のプレートをお渡しします。
          
☆お替りは出来ません☆
   

☆お野菜Deliは 単品でもオーダー出来ます。 (1品¥400
   

【本日のDeli 】     
○お手製胡麻豆腐 ○ガーリックポテト&きのこ ○車麩のカツレツ    
○りんごと人参のプレストサラダ  他・・・





 

□食事□
本日のオーガニックパスタ                 ¥1000 
『本日の野菜たちの和風ペぺロンチーノ』
 

具だくさん・玄米の豆乳リゾット              ¥900 

黒米玄米うどん『紫式部』(冷つゆ・温つゆ)        ¥1000 

玄米ごはん(単品)      ¥250 

Sweets
☆ゴホウビ系  ※卵・乳製品を使用してます。
有機紅茶のシフォンケーキ            ¥500
☆マクロビ系
いちご白玉あんみつ               ¥600 









そして29.30日の土日も『ほずみ飯』Days!!←正式表記になりつつあるね。

引き続きカラダヨロコブお料理をココロ込めて、
歌って踊りながら作りますよ〜(マジで踊ってるときある)

わこーたんのもちもち玄米と愛情たっぷり味噌汁付きの
『玄米とお野菜のプレート』。

他、毎回変わる『オーガニックパスタセット』。


カラダにやさしいお砂糖を使った『スイーツ』もご用意。



ゼヒ、会いにいらしてくださいね^^

わこーのアニキとお待ちしております!!

posted by ホズミ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | まくろび庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

半断食合宿無事終了。

DSCN8872.jpg

わこうです。

1/21から2泊3日で開催いたしました、山村先生と行く半断食&七福神巡り合宿、
無事に終了いたしました。


実は、開催日の2日前から急激にいろんなプレッシャーがグワーッときまして、
開催前日から悪寒と発熱が・・・


今回の合宿最大のヤマは、何と言っても2日目の七福神巡りだったわけですが、
7ヶ所すべてのお寺さんに連絡を取り、時間配分を決め、
普通の土曜日ですから、法要などが入っていないかの確認、
事故や怪我など無いようにするにはなど・・

加えて、今回は、お食事の玄米は、俺が家に帰って炊いて持っていく段取りだったので、
ちゃんと起きられるかとか、うまく炊けるかとか、いろいろ考えたら、
グワワーっと一気にプレッシャーが押し寄せて、

「脳みそバーン!」の状態になって、発熱ですよ。

今思えば、思考を停止したかったんでしょうね。
我ながら情けないです。


ほずみちゃんからも「頼りになりますねー。アニキ。」と皮肉られてしまう始末。

かなり傷つきました。(←ウソ)


しかし、それはそれ、これはこれ。

参加者の皆様にとにかく楽しんでいただくことだけを考えて、
仙台駅東口の集合からは、バシッとスイッチを入れましたよ!



さて、今回は3日間とも風があったのでとにかく寒い。というか、空気が冷たい。

そんな中でも、今回は地元はもちろんのこと、
北海道、関東、そして京都からもご参加いただきまして、
それはそれは賑々しい幕開けとなったわけです。

今回宿泊したのは、伊達政宗のお墓のある瑞鳳殿のお膝元にある、
由緒正しき旅館、「天龍閣」さん。

天龍閣のサイトはこちら。


仙台駅から、車でものの15分程度の距離なんですが、
敷地近くになると氣がガラッと変わって、仙台市内じゃないみたいな別世界です。

館内にはいろんな方の写真が、それはそれはすごい枚数展示されているんですが、
今覚えているので有名な人だと、宍戸錠さんとか田中邦衛さん、ポール牧さんや、
けっこう最近では渡哲也さんなどなど、有名人がたーくさん。

ラドン温泉で、岩盤浴もあり、木々に囲まれ、瑞鳳殿まで徒歩3分程度。
素晴らしいロケーションで、仙台の穴場ですよ。


今回は、女将さんにとても良くしていただいて、のびのびとやらせていただけました。

本当にありがとうございます。



さて今回は半断食合宿ですから、玄米1日1合、水300ccのみ。

玄米はおにぎりにしてお渡しして、お好きなタイミングで食べていただきました。


参加者の皆様には、この合宿の2〜3日前から半断食をしていただきましたので、
合宿最終日で5日間半断食をすることになるわけです。

山村先生も半断食をされていらっしゃったのですが、
すでにこの合宿の6日前から開始したそうです。

いやー、さすがですねー。


さすがに最終日には「もうそろそろ限界です。」とおっしゃってました。(笑)



1日目は、オリエンテーションのあと、自由に時間を過ごしていただき、
夜から山村先生の講座。


今回は、東洋医学のよくある症状のお話しでした。

汚血、氣虚、血虚、便秘などの症状と、そのお手当方法など、
普段の山村塾では聞けないお話で、とてもおもしろかったですよ。


特に、俺はタイムリーに発熱していたわけなので、
途中何回か意識を失いそうになりながらもちゃんと聞きましたよ。


そんなこんなで1日目が終了。


2日目。

朝に散歩をするわけですが、俺は玄米を炊かなければならなかったので、
すべてほずみちゃんにお任せしました。

いやー、今回の立役者ですわ。ほずみちゃん。

ほんまに助かりました。



そしていよいよ今回の合宿のヤマ場、七福神巡りです。

奥州仙台七福神サイトはこちら。


仙台市内7ヶ所にお祀りされているご本尊をお参りし、
専用の「まくり」に御朱印を押していただくわけです。

DSCN9778.jpg

まくろび庵の壁にあるのがそうです。




DSCN0244.jpg

2ヶ所目、布袋尊がお祀りされている福聚院にて。

布袋尊像を見て、山村先生がボソッと、
「昔のわこうさんみたいですね。」と。(笑)


こちらでは、住職よりお話しを頂戴することができました。
本当にありがとうございます。






DSCN0245.jpg

6カ所目、玄光庵にて。





DSCN8872.jpg
そして最終7ヶ所目の秀林寺にお祀りされている大黒天。


すごい迫力に、

DSCN0247.jpg

皆さん写真撮りまくりで。




で、無事に宿に戻り、2日目の夜も山村先生の講座です。



DSCN0249.jpg

2日目は、びわの葉温灸の仕方です。


今回、俺も山村先生がいつも使っているのと同じ温灸セットを買ったので、
すごーく参考になりました。


余談ですが、俺の風邪がうつってしまったのか、
俺のパートナーのりえさんがダウンしてしまったので、
合宿終了後、早速びわの葉温灸やりまくってます。

おかげさまで症状もだいぶ良くなりました。





DSCN0254.jpg

3日目。

この日は、秋保慈眼寺に行き、
塩沼亮潤阿闍梨による、護摩焚きと説法に参加する予定ですが、
その前に、せっかくなのでみなさんで瑞鳳殿を見学。

現在の瑞鳳殿は、仙台空襲で消失後に復元されたものですが、
その煌びやかさに皆さん「オー!すげー!」を連発されていました。


歴史オタの方が若干1名いらっしゃり・・・(笑)

伊達政宗公の展示資料を食い入るようにご覧になってました。


そして、瑞鳳殿、天龍閣を後にして、いよいよ最終ミッション、
秋保の慈眼寺へ。



DSCN0256.jpg

秋保はノッコリと雪が残っていて、しかも風が強く寒かったわけですが、
その中に凛とそびえ立つ慈眼寺。





DSCN0260.jpg

護摩焚き供養に参加するためには、順番をとらなければならないのですが、俺は39番。

おー、サンキューじゃん!

散々苦労するともとれるが・・・


まぁ、いいか。



そしていよいよ、護摩堂に大阿闍梨がいらっしゃり、護摩焚き祈祷が。

すごい迫力でしたよ−。


今回は、ポケット般若心経を持っていったので、
一緒に般若心経を唱和させていただきました。


その後、大阿闍梨から説法を頂戴するわけですが、
今回、俺も半断食していたので、こう・・感覚が鋭敏になっているというか、
そんな状態でのお話しだったので、大阿闍梨の一言一言が、しみわたってくる感じ。

本当に感激して涙が出ました。


今回の大阿闍梨の説法の中に、印象深い話が。


人の生き方には4つある。


光から光へ生きる人。

光から闇に生きる人。

闇から闇に生きる人。


そして、闇から光に生きる人。

闇に生きていても、光に生きると決めたその瞬間から変われるんですよ。


といった感じの内容でした。




このブログや個人ブログにもたびたび書いてきましたが、
俺も一時期はそれこそ闇の世界にも生きたことがあります。

悪事もいっぱい働きました。

人を傷つけ、人や社会に迷惑をかけました。

BLOGに書けないようなことたくさんしました。


そんな俺が、今、人に喜ばれることをすることを考えて生きています。


だけどいつもどこか自責の念がつきまとう。


そんな矛盾というか、ジレンマを払拭してもらえた感じがしたわけです。


今、こう生きているからって、昔の罪は消えませんが、
しかしそれはそれで、光を求めて生きていいのだと、
背中を押してもらった感じというか。


ホント、涙出ました。



と、そんな素晴らしい締めくくりで終わることができた今回の合宿でした。


ちなみに、今回の参加者のWさんから情報をいただいたのですが、
3/21に、仙台市民会館 小ホールで、塩沼亮潤大阿闍梨の講演会があるそうです。

涅槃会

コーヒー説法記念講演

 

講師:慈眼寺住職 大峯千日回峰行
満行 塩沼亮潤大阿闍梨

日時:平成23年2月21日(月)午後5時30分開場 6時開演

会場:仙台市民会館小ホール 

 

5時半くらいに到着できればお抹茶がいただけるそうです。

入場無料とのこと。

だそうです。Wさん、情報ありがとうございます!




正直なところ、今回の合宿は思った以上に大変だったので、
よほど魂が揺り起こされない限り、次回開催は考えていません。

今回の参加者の方は、ラッキーでしたねー!


今回の合宿では、怪我や病気など無く、皆さん元気に解散することができました。



参加者の皆さん、山村先生、ほずみちゃん、天龍閣の皆さん、

七福神巡りの関係者の皆さん、慈眼寺の皆さん、



本当に本当にありがとうございました。

 
posted by わこうちゃん。 at 03:04| Comment(1) | TrackBack(0) | まくろび庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

山村塾札幌校まであと2ヶ月、そして最新動画。


y-sapporo.jpg

わこうです。

日本で唯一の望診法の権威である、山村慎一郎先生の望診法指導者養成講座、
通称「山村塾」の札幌校を募集中ですが、開催まで残り2ヶ月を切りました。

お申込も多数いただいております。

が、俺の手違いで、年末にこのBLOGを更新したときに、
札幌校の募集記事へのリンクが、わかりづらい状態になってしまっておりました。

現在は、このBLOGのどの記事からもリンクできるように、
わかりやすいところに配置し直しました。

申し訳ございませんでした。

札幌校1期生の募集記事はこちらからどうぞ。



さて、今月の仙台校の授業も終わったのですが、今月は「肝臓」でした。


肝臓といえば俺、俺といえば肝臓です。(笑)


とにかくお肉と揚げ物とビールが大好きだったわけですが、
肝臓は、そういった油や糖分の解毒をしてくれる臓器です。

しかし、長年摂った油やビールの影響で、俺の肝臓はパンク寸前。


なので、去年から断酒を始めて1年が経ちます。

おかげさまで体重も15キロくらい減って、今や別人ですよ。わははー。



話は変わって、山村先生の講座では、
本題に入る前に、先生のよもやま話が入ることが多いんですが、
これがおもしろい!

先生も日々勉強されていらっしゃるので、最新の医学や遺伝子学、宗教などなど、
いろーんな情報を多岐にわたりお話くださいます。

その中に、自分が望診を使っていく上でのヒントが、
たーくさんちりばめられているわけです。


で、今月の本題に入る前の肝臓の話がまたおもしろく、とてもわかりやすかったので、
17分くらいに編集して、YouTubeにアップしました。



中級でのよもやま話です。

五行や肝臓の働きが良くわかると思います。


こんな感じで、毎月山村塾は開催されるわけです。



募集記事にもありますが、

本講座は、お申込が15名になった時点で開催が決定します。

受講を検討されていらっしゃる方は、ぜひお早めのお申込をお願い致します。


なお、11月の日程に変更がありまして、
11/10(木)→11/17(木)


となりました。

お申込をいただいた皆さまには、後ほどまたご案内させていただきます。


以下、カリキュラムと詳細です。


望診法指導者養成講座 初級 全10回

2011年

3/17 (木) 19:00〜21:30     宇宙の秩序 顔の望診     

4/14 (木) 19:00〜21:30    
宇宙法則の応用 陰陽五行     

5/19 (木) 19:00〜21:30    
人体の構造と機能における対立と相補 目・眉         

6/16 (木) 19:00〜21:30    手・足   
  

7/14 (木) 19:00〜21:30    口・歯           

8/18 (木) 19:00〜21:30       消化器T 肝臓       

9/15 (木) 19:00〜21:30      
消化器U 胃・腸        

10/13 (木) 19:00〜21:30       呼吸器  肺      

11/17 (木) 19:00〜21:30       循環器  心臓     

12/15 (木) 19:00〜21:30    泌尿器・生殖器  腎臓・膀胱


さらに、検定試験(有料)があり、合格者には認定証を発行いたします。

※日程が変更になる可能性もございます。その場合は早めにご連絡いたします。


場所 札幌市内
(札幌駅もしくは、周辺地下鉄の近郊を予定しております。)

定員 30名(お申込みが15名で開催確定となります。)


受講料 
157,500
 (全10回分前納 2回分割可)

クレジットカードが使えます。


お申込方法

専用お申込フォームに必要事項を入力の上、送信してください。(SSL対応)

※まくろび庵キャンセル規定(必ずお読みください。)



お申込フォーム入り口はこちら。

ケー
タイの方はこちら。


※メールアドレスの入力間違いにご注意ください。

※お申込み受付後、当店よりメールもしくは郵送にてご案内をいたします。

※エラー等のトラブルの場合は、info@caferoman.tvまでお知らせください。
※お申込みから一週間経っても当店からのメールが届かない場合、ご一報ください。




・お申込みが15人を超えましたら、お支払い方法などのご案内を差し上げます。
・※印は必須項目となり、未入力の場合はエラーが出ます。

・ご入力後、自動返信メールがお手元に届きます。

・申し込み多数の場合は先着順といたします。

・ご入金(決済)の確認をもって、正式にお申込完了となります。

・カードご使用の場合は、別メールにて決済のご案内を致します。

・クレジットカードOKです。 visa master Nicos
 (パソコンかケータイからのお手続きとなります。)

・5回分ごとの2回分割納入が可能です。(78750円×2回)

・ひと月ごとの分割納入はできません。ご了承ください。

・振り替え・補講はありません。ご了承ください。



望診で健康管理ができる方をひとりでも多く増やせますよう、
また、一日も早い開催決定ができますよう頑張ります!

ご参加をお待ち申し上げております。
タグ:山村塾 札幌
posted by わこうちゃん。 at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

新メニュー 白いカレー。

DSCN0047.jpg

わこうです。


2011年もスタートし、気分を新たにモチベーションをアゲアゲで行きますよ!


さて、突然ですが、あさっての1/12から、
新メニューとして、「白いカレー」をラインナップに加えます。


もちろん、玄米でお召し上がりいただきます。


以前、東京で何気に入ったカレー屋さんに、
「ホワイトカレー」というものがあり、食べてみたところ衝撃的なうまさでした。

それ以来、まくろび庵でもホワイトカレーを出したいなーと思っていたものの、
スパイスに何を使うかをずーっと考えているうちに一年が経ってしまいました。


何回か試作を重ね、やっと満足のいく味に仕上がりましたので、
満を持してお披露目となるわけです。





DSCN0047.jpg

この白カレー、今回はかぼちゃがタップリ入っているので若干黄色いですが、
そのソフトな見た目とは裏腹に、結構なパンチがある、
いい意味で期待を裏切る辛さです。

ほずみちゃんに試作品を食べてもらったとき、

「この発想は無かった・・。悔しい!」

と言われ、思わず軽くガッツポーズを作りました。わははー。






DSCN0047.jpg
今後は、従来の玄米カレーにプラスして、
この白い「ホワイトカレー」をメニューに加えます。

お値段は、従来の玄米カレーセット同様、
プチデザートとドリンク付きで1200円です。


混雑時や、オーダーが混在する場合、
多少お時間を頂戴する場合がありますがご了承くださいね。



DSCN0047.jpg

まずは一度、爽やかな辛さのこのホワイトカレー、ぜひご賞味ください。




DSCN0047.jpg

ご来店をお待ち申し上げております。




写真、しつこいすか?


 
posted by わこうちゃん。 at 19:46| Comment(2) | TrackBack(0) | まくろび庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。