2011年01月08日

わこーさん始動!『B級グルメDE自然食』それとちょっとだけホズミがまくろび庵に来た理由。

わこーさんが別件のお仕事で外出のため、
まくろび庵でお留守番カフェ営業中。
。。。長々書いてたのでとっくに閉店時間過ぎましたwww


ホズミです^^
こんばんは!

仙台市、やっぱり相馬よりちょっと寒い気がします。
夜になってだいぶ冷え込んできました。


さてさて♪
今月末、まくろび庵にて新講座が開講いたします。

その名も
『B級グルメDE自然食』!

うふふふ〜・・・なんてゆうか、この手のネーミングとかスローガン的なものの
独特なセンスってアニキならではですね。うんうん。


まくろび庵、というところは
お食事や、物の選び方、人間関係や生き方に至るまで
不自然を自然に、窮屈なことを宇宙的に考えていくことを
イベントや、講座や、日々のカフェ営業を通して発信し続けているところ。

だと、私は思っています。


その選び方や考え方の基礎になってるのが
マクロビオティック。


マクロビオティックの理論や定義は、東洋哲学を元に成り立ってるので
基礎から学ぼうと思うとちょっと難しそうで、敷居が高い感じがする。

そこで、小難しい理論理屈を分かりやすく、楽しく、それもゴハン付き(実習なし)で
会得していただこう!と一念発起し
『Spirits Food』講座を開講してから丸2年。
現在受講中の5期生まで延べ数十名の受講生が参加してくださいました。


受講後、食生活を見直したくなったという方が多数いらっしゃって
改めて『クッキングレッスン』に参加してくださったり、
お仕事や、ご自身・ご家族の生活に役立てたいと
山村慎一郎先生の『望診法指導者養成講座』を受講されてる方も
何人かいらっしゃいます。

知ってしまうと、活用せずにいられない、
毎日の生活や生き方をより良いものにしたくなる、
そんな大きなパワーを持ってるのがマクロビオティックなんですね。


だけど、思ったようにできない。
食べない方がいいってわかってるものほど食べたくて我慢できない。
我慢できない自分が嫌いになっちゃう。
食べ過ぎて具合も悪くなる。。。

知ってる分、できないことが苦しくて
つらーくなってる人も多いのが実情です。



何を隠そう、私ももとはまくろび庵の講座の卒業生です。

18年前、マクロビオティックの世界的な指導者、田中愛子先生の下に
研修生として住み込み、食事療法の現場で指導を受けましたが、
生まれ故郷に戻り、自然食のカフェを営業するようになり、
食事療法としての『食養』と合わせて
生き方や考え方など、人生を楽しく健康にゲンキに過ごすためのツールとしての
マクロビオティックに強く惹かれた経緯がありまして
ブログで見つけたまくろび庵に通うことに。

その田中愛子先生を仙台にお招きした過去記事はこちら



最初は下積み経験(笑)があることを隠してたんです。


現物の私を知ってる方は納得でしょうけど、
とてもそんな大家の先生について学んだ風には見えないのよ。。。
獰猛な小動物(横幅はちっちゃくないけども)
どう見ても肉食系女子、
でっかい声で笑い転げる大酒飲み〜!!

(せっかくあんまり写真出さないでいてくれてるのにこんなにバラさないでもいいべさ。。。)

カラダ、もそうですが精神的に病んでた時期もあって、
そんな私が実は大先生の弟子でした・・・なんて申し訳ないのと恥ずかしいのとで
言えなかった。

まあ、すぐに黙っててもしょうがないし、
その辺の心苦しさも解き放ちたい気持ちになって
カミングアウトしたわけなんだけど^^


マクロビオティックを知っててもできない、
そんなジレンマを私も持っていた一人でした、というお話。

私のマクロビオティック観は、
まくろび庵に来て、大きく変わって弾けました(笑)



マクロビオティック業界広しといえど、他に類を見ない講座がまた始動します!


食べたいもの、は、好きなもの、です。

好きなものを我慢するのが辛くて苦しい人は、
大抵食べてしまったことでまた苦しむので、
その葛藤と後悔のデフレスパイラルからの脱出のきっかけと
罪悪感の軽減にもってこい!なコンセプト。


食べたいものをマシに食べる。
ってカンジでしょうか?


また、マクロビオティックを全く知らない方でも
健康ブームの昨今、カラダにいい食べ物や悪い食べ物の話を耳にすることが増え、
大好物だからといって、毎日ラーメンやジャンクフードではダメなんだな、と
気づいてはいるはず。


手軽に買える量販店の圧力鍋でも、おいしくカンタンに玄米が炊けたり

添加物や化学調味料の心配なくおいしく食べられるラーメンや
お肉じゃないのにがっつりジューシーなおかずが食べられるなら

まんざら大変でもないんですよ、玄米菜食。


少しずつでも
時々でも
たま〜にでも

気分を変えて、試してみてください。

その辺のコツを、
実生活で培ってきたわこーさんがお伝えします。


私同様マクロビオティックやってるようには到底見えない、
野獣系のわこーさん(怒られるかな。。。)


彼の存在は稀有です。

こんな面白い切り口のクッキングレッスン、他にやれる人いません(断言)

切り口といえば、本人は苦手と言ってる野菜の切り方も、
だいぶ上手に、手早くなってきました!!
(実は最初の頃どうなることかとハラハラしてたのは内緒)


いろいろあった2年前から、自分と向き合い、玄米と向き合い、野菜と向き合ってきた
わこーさん。

この一年お酒もやめて、かなり体重も落ち、
男っぷりもうなぎのぼりです。


そんなわこーさんが、とうとう料理部門において始動いたします。

料理のコツや、方法もさることながら、
裏話もきっと炸裂するのではないでしょうか。
(わこーさんの昔話、珠玉の爆笑ネタ満載なの)


詳しい内容やお申し込みはわこーさんの記事をご覧くださいね。

こちらから



食べ物を変えるって、そんなに難しくないこと。


そして、けっこう楽しいこと。


きっと上手に面白く感じ取ってもらえるはずです。



乞うご期待!



あれ〜★
もうコンナ時間(22時)。。。

さ、相馬に帰ります!

明日もホズミ飯DAYです!
パワー満載のあったかゴハン、ご用意してお待ちしています^^














posted by ホズミ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | まくろび庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

今年最初のほずみDay。


DSCN1780.jpg

わこうです。

明日1/8とあさって1/9は、今年最初のスペシャルランチDayです。

相馬の自然食カフェ、なぴあはうすのほずみちゃんが来てくれて、
特別メニューをご提供しますよ!


ほずみちゃんの料理を食べると元気になります。

ほずみちゃんの明るくて元気な「ガハガハの氣」が入るからだと思います。(笑)


一年以上前から、山村慎一郎先生が仙台にいらっしゃったときのお食事は、
すべてほずみちゃんが担当していますが、先生も大絶賛のランチです。

年末年始、ごちそうを食べ過ぎた身体に、優しいエネルギーのごはんが沁みます。


ぜひご来店ください。



DSCN1780.jpg
限定10食・玄米ランチ(¥1200)

 ・主菜、サラダ、副菜2〜3種。



DSCN1784.jpg
パスタランチ 1000円




スイーツ 500円〜




お食事をお召し上がりいただいた方には、
プラス300円でドリンクをお付けできます。

自家焙煎コーヒー、紅茶、
豆乳ラテ(ごま、抹茶、穀物コーヒー)


ご来店をお待ち申し上げております。
ラベル:ほずみちゃん
posted by わこうちゃん。 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | まくろび庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七福神と半断食。

DSCN9770.jpg

わこうです。

今月の21日から、二泊三日で山村慎一郎先生監督のもと、
半断食&七福神巡り合宿を開催するわけですが、
今年のお正月休みに、下見と打ち合わせを兼ねてまたまわってきました。

もうかれこれ今年で10回目の七福神巡り。

10回目とはいえ、毎回新しい発見があって毎年刺激的ですねー。



さて、今回の合宿では、二日目に七福神巡りをするわけですが、
七福神巡りの仕方にはふた通りあって、



DSCN9771.jpg

このように、お手軽スタンプラリーをしていく方法(無料)と、





DSCN9778.jpg

ウチのお店に飾ってあるような、「まくり」と呼ばれる台紙の上に、
1か所まわるたびに、御朱印を押していただく方法があります。

台紙が1000円で、御朱印が1か所あたり300円×7か所で2100円、
合計で3100円がかかるわけですが、やはりこのまくりには重みがあります。


今回の合宿費用の中には、この「まくり」の代金も含まれています。

縁起物ですから、ぜひおうちに飾っていただきたいですねー。


さて、この七福神巡りでまわるところを、ちょっとだけご紹介します。




DSCN0591.jpg

これは、3か所目にまわる予定の「毘沙門天」がお祀りされている満福寺。





DSCN9703.jpg

4か所目、弁財天がお祀りされている林香院。まくろび庵のすぐ近くです。





DSCN9707.jpg

そして、5か所目の恵比寿さまは、なんと、仙台の中心部にある、
藤崎デパートの屋上にお祀りされています。






DSCN8867.jpg

6か所目の寿老尊がお祀りされている玄光庵。







DSCN8872.jpg

そして、7か所目、秀林寺にお祀りされている、大迫力の大黒天。



と、こういったところを1か所ずつまわり、
それぞれに祝詞があるので、7回ずつ唱和してお参りします。

もしタイミングが合えば、どこかのお寺の住職さまから、
法話をいただけるかもしれません。


年の初めに縁起がいい合宿ですよー。



まだ定員に空きがありますので、ためらっていらっしゃるかたや、
日程の都合が付いた方は、ぜひご参加ください。


終始山村先生も一緒ですから、楽しい旅になること間違いナシです。


詳細、お申込はこちらからどうぞ。


ご参加をお待ち申し上げております。


 
posted by わこうちゃん。 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

圧力鍋のおはなし。


DSCN9763.jpg

わこうです。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

巷では正月早々半額おせちがどうのこうのと騒がれて、
賑やかな2011年の幕開けとなったわけですが、
「お食事をご提供する」という部分ではバードカフェさんと同じ立場なので、
襟を正す気持ちで一連のニュースを聞いておりました。

皆さまに愛されるカフェでありますよう、今年も精一杯精進する所存です。

よろしくお願い申し上げます。



さて、今年1発目の記事は、圧力鍋の話を。


俺は京都のなかがわさんリスペクトなんですが、
玄米を炊くことに魂を込めているすごい漢。

それがなかがわさんです。



なかがわさんにかなり触発されて、俺もオレ流の玄米を確立したいと思い、
圧力鍋を使った玄米の炊き方を探求してきました。

現在はなんとか、自分でも満足できる玄米が炊けるようになりました。


マクロ美風さんやなかがわさんと京都でお会いしたときに言われた、
「玄米は主食なんだから白米のようにパクパク食べられなきゃない。」
というなかがわさんの言葉が俺の礎となっています。


おかげさまで、俺のパートナーりえさんも、オレ流の玄米が確立されてから、
いい感じに太ってきて、ベスト体重に戻ったと言っているのを聞いて、

「あぁ、これでいいんだ。」

という確信に変わったわけです。



DSCN9763.jpg
そこで、圧力鍋の話になるわけですが、
俺はドイツ製フィスラーの圧力鍋を使っています。

マクロビオティックや自然食で玄米を炊く人には、
フィスラーユーザーも多いんじゃないでしょうか。


圧がかかっても静かだし、圧も安定して高いし、頑丈だし、
本当に素晴らしい圧力鍋です。


ただ、いい圧力鍋全般に言えることですが、お値段が高い。
ウチのお店で使っている6Lのタイプで、約3万円くらい。

どうせ揃えるんだったら、長く使えるいいものを揃えたい。


だけど、その値段がネックとなって、
圧力鍋に踏み切れない方も多いんじゃないでしょうか。


で、俺も自分で料理するようになって思うんですが、
圧力鍋は複数個持っていてもいいなーと。

たとえば、玄米を炊きながらひよこ豆などの堅い豆を煮たいときとか。

そんなとき、「圧力鍋がもう1個あったらいいなー。」と思ったりするわけです。



そこで、ひとつの提案として、まだ圧力鍋を持っていない方は初めての圧力鍋として、
もうすでに持っている人は、サブ的な圧力鍋として、
安い圧力鍋を1個持っていてもいいのではないかと。


ということで、人柱的に買ってみましたよ。

ドン●ホーテで。





DSCN9765.jpg

これです!


どうせ人柱として買うんだったら、一番安いものを買おうと。

セール品で1890円でした。
3Lのタイプでステンレス製です。


それでうまく玄米が炊ければまずは第一段階クリアなわけです。


そして、これが初めての圧力鍋の人は、
使っていくうちに「やっぱりもう1個欲しいなー。」となったときに、
いい圧力鍋を買えばいいと思うわけですよ。


だって、圧力鍋が無いから玄米を炊かない、
もしくは、炊飯器の玄米を「まぁ、こんなもんだべ。玄米なんて。」
という方がもったいないと思うわけですよ。

だったら、まずは安い圧力鍋を入り口として使ってみる。

その方が、玄米をおいしく炊けるチャンスが増えるわけですから、
俺的には、玄米仲間が増えてうれしいなーとなるわけです。


さて、このドン●ホーテで買った圧力鍋ですが、
おもりがシュンシュン回って圧を調整するタイプ。

フィスラーが7層構造(だったかな?)に対して、
この圧力鍋は、ペランペランな感じです。

持ってみても軽い!

片手でも持てるので夫婦喧嘩にも使えますよ!奥さん!(笑)


その時点で、フィスラーに比べて明らかに圧が低いことはわかりました。

それでも!この圧力鍋で玄米をおいしく炊くには。



ちょっと話は飛びますが、圧力鍋で白米を炊いたことはありますか?

フィスラーで炊いたときには、圧がかかってから3分でOKなんです。
5分かけたら、白米がモッチモッチになってしまいました。

ところが、白米だと3分で済むのに、玄米だと20〜30分圧をかけますよね。


ということから、玄米がいかに圧がかかりにくいかがわかります。

炊飯器で炊いたときや、圧をかける時間が短いと、
玄米に芯が残った感じがするのはそのためです。


そこでポイントとなるのが浸透圧です。


玄米を炊くときには、少量のお塩を入れて炊きますが、
いろんな意味があるそうですが、俺は浸透圧を上げる目的だと思っています。


で、話は戻って、この圧の低い安い圧力鍋で、
おいしくふっくらとした玄米を炊くためにはどうすればいいのか。


俺はみつけましたよ。その方法を。


何回か失敗しましたが、
今では安い方でもそれなりにおいしく玄米が炊けます。

が、しかし、最後の最後でやっぱり圧力鍋の限界があるので、
フィスラーにはかなわないところはあるものの、
なんとか及第点といった感じでしょうか。


何回も書きますが、もし、まだ圧力鍋を持っていないのでしたら、
圧力鍋の入り口として、まずはこの安い圧力鍋から入ってみてはいかがでしょうか。


工夫次第で、炊飯器で炊いた玄米がかすんじゃうくらいおいしい玄米が炊けます。


そして、肝心のその方法は・・・




B級グルメDE自然食でお伝えいたします。



ご参加をお待ち申し上げております。


 
posted by わこうちゃん。 at 14:59| Comment(2) | TrackBack(0) | わこうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

一緒に!半断食合宿!

2011年!
明けましておめでとうございます^^

ホズミです〜。


今年は大正100年に当たる年なんだそうです。
大正13年生まれ(だったはず)のうちのばーちゃんと、今年の暦をしげしげ眺めながら
慌ただしいお正月を迎えました。
みなさまいかがお過ごしですか?


年末年始って特別ですねぇ。。。
クリスマスのケーキ、チキン、オードブル、シャンパンから始まって、
お餅、おせち、カニ、牡蠣、数の子、いくら。。。
すき焼き、しゃぶしゃぶ、お刺身、お寿司。。。。
ビール、ワイン、日本酒、最近覚えたハイボール。。。

・・・私だけじゃないはず。(よね?たぶん。。。)


3が日も終わり、そろそろハレの日モードからは脱却せねば。

おあつらえ向きに今夜は新月。
節制や断食にはうってつけの日です。

お月さまの満ち欠けや潮の満ち引きなど、
自然界のエネルギーの移り変わりに合った行動をすると、
逆らうよりは何倍も有効に成果を得られるものなのです。
人も宇宙の一部ですから!


朝から肝臓を応援する梅肉エキスドリンクをドーピング、
後ほどサウナの後、半身浴して、排泄促進するつもりなワタクシ。



断食やデトックスなど、流行もあって、だいぶ手軽に取り組む方が
増えてきたように思います。
雑誌やテレビなどでも取り上げられたり、
人気アーティストなども大事なステージの前などには
節制のために断食します、なんてことも。
(EXILEもテレビで言ってました!)


しかし。。。
ただ食べなきゃいいってもんではないのです。

現に、間違った知識から摂食障害になってしまったり、
3日完全断食したあと、ソッコーで焼き肉屋へGO~~~!!などという暴挙に出てしまったり。
(ワタシの知り合いっす。。。)

低血糖や胃酸過多など、専門家の指導なしでは
断食に危険を伴う方もいらっしゃいます。


ただ、我慢。。。。の断食はツライししんどいし、
ゴハンのことだけをずーっとひたすら考えてしまって
ストレスにしかならない。
それでもって、一人だと続かなかったりします(笑)←経験談


断食は、それに取り組む意味と、
それによってカラダがどんな状態になるのか、
なんのためにそうするのか、を
きちんとわかった上で実践するからこそ、意義あるものになります。


そこで、我らが山村慎一郎先生の全面協力のもと、
合宿形式での半断食研修!が実現したわけです。


毎年夏に開催される一泊二日の「砂浴合宿」もお食事は玄米とお味噌汁だけの
半断食に近い内容で行われますが、

今回はなんと二泊三日!

山村先生を3日間も独占できるだけでなく、今回は先生とご一緒に仙台七福神や秋保・慈眼寺などを巡る
ゆってみれば贅沢な修学旅行のような!

年末年始に酷使した胃腸を休め、溜まった毒素を排泄して、
山村先生の豊富な知識によるご指導を受けつつ、
七福神のご利益も!



企画の性質上、少人数の募集です。

つまり、それだけ密度の濃いご指導を受けれるということ。


他の参加者の変化を見たり、経験談を聞いたりすることも、
とても良い刺激になるでしょう。


すごいシアワセな3日間になりそうです。



詳細・お申込みはわこーさんの記事からどうぞ。↓↓↓
http://macrobian.seesaa.net/article/173758356.html


今回もスタッフとして、いろいろお手伝いをさせていただくことになりました。

一緒に2011年最初の大イベントを満喫しましょう!!



posted by ホズミ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | まくろび庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

わこうのクッキングレッスン「B級グルメDE自然食」開講!


okan1_bigger.jpg

トップバナーにこんなおかんキャラの写真を使っているので、
実際にお会いした方から、

「案外まともな方だったんですねー。」

と言われることが増えたわこうです。


さて、2011年より、ついに俺のクッキングレッスンを開講することにしました。


思えば、さかのぼること30余年。

俺はカギっ子だったもんですから、
(実際には鍵はかかっていなかった家なんですけど・・おおらかな時代でした。)
あまりの空腹に、おふくろが帰ってくるまで待っていられずに、
家にある食材を自分で適当に調理して食べるようになったことから始まった料理。

さらに、高校時代から数年間、パスタ屋さんでバイトをしたことがきっかけで、
当時のシェフやオーナーからいろいろと料理を教えてもらったことも、
今の俺の料理に関する基盤となっています。


人生には、なにひとつ無駄なことは無いんです。ええ。


その後、社会人になり、さらにトラックの運転手を始めたころには、
料理は気が向いたときに、趣味でカレーやパスタを作る程度。


でも、たまに作るといろんな人が喜んで食べてくれるので、
料理は嫌いではありませんでした。

野菜切るのとかは苦手で大嫌いでしたけども。


そして、その素地があって、
2年前からまくろび庵も俺がピンで営業することになり、
現在の「わこう式玄米」やカレーが生まれたわけです。


しかも、マクロビオティックと出会ってから、
ベジやノーミート(ベジと同義ですね)の料理、
無添加や自然食を使った料理に移行していったわけですが、
しかし、仕事でも調理するのに、その他に自分で食べるものを調理するのは、
正直めんどくさかったりして、できるだけ簡単に済ませたい。


そんな手抜きをしながらも、その中で自然食での簡単な料理、
いわゆるB級グルメ的な料理を作るようになっていきました。

基本的に、俺はせっかちでかつ、めんどくさがりなので(タチ悪いな!)、
チャチャッと簡単に作れて、
なおかつボリュームや食べ応えのあるものを求めてきました。


そんな、俺のようにめんどくさがりやでかつ、身体に優しいものを求めるという、
とてもわがままな方のために、「B級グルメDE自然食」というコンセプトで、
新しいクッキングレッスンをしようと考えたわけです。


特に、独り暮らしや二人暮らしで、仕事をしている方、時間が無い方、
超めんどくさがり屋、ニートや引きこもり気味の方などにピッタリです!


B級グルメの定義は、「庶民的でかつ、安価で手軽な料理」なんだそうです。

この、「B級グルメDE自然食」は、その名の通り、
自然食品を使ってB級グルメを作るという、ハチャメチャなレッスンです。


なので、正当派マクロビオティックの方には絶対に向きません。


なので、本格的なクッキングレッスンは、
近々ほずみちゃんのクッキングレッスンとして別枠で開講しますので、
ほずみちゃんにお任せするとして、今回の俺のクッキングレッスンは、
「料理なんかしたことがないぜ!」とか、
「子供メニューが大好き!」といった男性陣の方などにご参加いただきたいのてす。

もちろん女性も大歓迎ですよ!



野菜を切ったりするような工程は、あまりありません。

あったとしても、できる人にお任せすればよいのです。


しかも、今回は、いつもお世話になっている自然食品店、
「エナジー」さんにご協力をいただいて、オススメの食材などを紹介していきます。


1クラス4人定員と、少人数製でやりますから、
すぐに打ち解けてワイワイと楽しくご参加いただけると思います。


さらに、全6回のカリキュラムとなりますが、
もちろんすべて受講していただいても構いませんし、
参加したいコマだけを選んでいただくことも可能にしました。

さらにさらに、全6回分を一括で前納いただく方には、
10%割引きさせていただきますよ!


こんな厳しいご時世ですから、みんなで助け合っていきましょう!


万が一、お申し込みが定員を超える場合は、クラス増設等で調整したいと思います。
その際には、お申し込み順番が早かった方を優先させていただきます。


料理が苦手だという方、大丈夫ですよ!俺も苦手ですから!


まずは、堅苦しい理屈は一切抜きにして、
自然食に触れていただく、食べて感じていただくとこを第一目的としています。

このレッスンがきっかけとなって、
自然食やマクロビオティック、望診、陰陽五行などに関心を持っていただけたら、
本当にうれしいですねー。

まずは、その入り口のレッスンです。


以下、カリキュラムと詳細です。


B級グルメDE自然食

★カリキュラム




1、圧力鍋DE玄米と味噌汁 

2011年1月31日(月)
19:00〜21:30

自然食の基本、玄米と味噌汁のレッスンです。

圧力鍋で玄米を炊くと言っても、
「圧力鍋を持っていない」という方もいらっしゃると思います。

そこで、ドン●ホーテで売っているような、超安い圧力鍋でも、
おいしく玄米を炊く方法をお教えします。

まずは、圧力鍋の入り口としていかがでしょうか。

また、山村先生も「美味い!」とうなった、俺の味噌汁の作り方も伝授します。




2、自然食DEバカウマパスタ

2月28日(月)
19:00〜21:30

自然食には、「へー!そんなのがあるんだー!」という、
調味料や食材がたくさんあります。

その中のいくつかを使って、オーガニックのナポリタンと、
病みつきになる味の超カンタン和風パスタを作ります。

俺の隠れた必殺技です。

株が上がるること間違いナシ!(笑)



3、ノーミートDEボリューム揚げ物

3月28日(月) 19:00〜21:30 

自然食にはお肉の代用品になるものが多々あります。

当店の、玄米カレーの上に乗っている、車麩のフライもそのひとつです。

なぜお肉を使わないのかはまず横に置いといて、
ノーミートでもこんなに美味いのか!という揚げ物を作ります。

ビールのつまみにも最高ッス!

大好評をいただいている当店の車麩のフライも、
ついに作り方を公開しちゃいますよ!



4、 無添加DEラーメン&ノーミートチャーシュー丼

4月25日(月) 19:00〜21:30

B級グルメの代表選手と言えば「ラーメン」ですね!
俺もラーメン大好きです。

しかし、市販の、また、外食のラーメンには、
「MSG」(マイケルシェンカーグループじゃないですよ!)を始めとした、
いろんな添加物が使われています。

しかし!自然食には安全なインスタントラーメンがあります!

インスタントですよ!


別に、麺を自分で打つとか、そんな面倒なことはしなくても、
お手軽に自然食のラーメンを楽しむことができます。

小腹がすいたときなんかにバッチリの必殺技です。
(自然食とはいえども、偏りすぎるので常食はダメです。)

さらに、またベジなミートを使って、チャーシュー丼も作ります。

いや、うまいんだ。これが。マジで。



5、圧力鍋DEカンタン野菜スープ


5月30日(月) 19:00〜21:30

玄米のレッスンのあと、圧力鍋を買った人がいるのでしたらなおのこと、
圧力鍋の超便利な使い方を伝授します。

あっという間にできる野菜スープです。

簡単すぎて「金返せコノヤロー!」とか言わないでください。(笑)

簡単なのにすげーウマイです。



6、圧力鍋DEカンタンカレー

6月27日(月) 19:00〜21:30

5回目の野菜スープの応用編で、カレーを作ります。

カレーは、野菜をトロトロになるまで煮込むからおいしいわけですが、
ゆっくり煮るのが待てないせっかちさんのために、
スピーディーに作れるおいしいカレーの作り方をお教えします。

秘伝のバリエーションのつけ方も特別に教えちゃいますよ!




★参加費 
1回あたり4200円(当日集金) 

6回分を前納の方は、25200円→ 22680円
(10%OFF)
前納の場合は、お申し込みより10日以内にお支払いください。


★お支払い方法 現金でのお支払い、銀行振込



★定員 4名

定員を超えた場合は、クラス増設で対応いたします。
その際、日程の調整をお願いする場合がございます。
 


■お申し込み方法 

下記リンクから、B級グルメDE自然食お申し込みフォームにアクセスして、
必要事項をご入力の上送信してください。

※印は必須項目となり、未入力の場合はエラーが出ます。


 
※まくろび庵キャンセル規定(必ずお読みください。)

 
 
 
 
※メールアドレスの入力ミスにご注意ください!

 

お申し込みはこちらのリンクをクリック!(SSL対応)

ケータイの方はこちら。


 

何か不具合がありましたら、
info@caferoman.tv
までメールにてお知らせください。

 
※ご入力内容を送信すると、
入力アドレス宛に自動返信メールが送信されます。
万が一届かない場合は、メールアドレスの入力ミスなど無いかお確かめください。

 
 

※お申し込みは、先着順とさせていただきます。



お手続き方法のご案内を、メール、もしくは郵送(封書)にてご連絡いたします。

 


ご参加をお待ち申し上げております。
posted by わこうちゃん。 at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | まくろび庵のレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

山村先生と半断食&七福神巡り合宿開催!

y-sapporo.jpg

わこうです。

来年の1月21日〜23日の2泊3日で、
山村慎一郎先生監督のもと、半断食合宿を開催いたします。


半断食とは、水断食や本断食と違い、玄米ご飯とお水という、
比較的ソフトな断食です。

お味噌汁をいただく場合もあります。


なぜ、あえて断食をする必要があるのか。


いろんな諸説がありますが、山村先生がおっしゃっているのは、
若々しく生きるためには、DNAの中に「あるスイッチ」があるんだと。

そのスイッチを入れるのには「飢え」が必要なんだそうです。


これは、マウスの実験でも明らかになっているそうなんですが、
食べたいものをいくらでも食べていい、飽食のマウスのグループと、
生きるのに最低限の食事しか与えられない、
いつも飢えているマウスのグループに分けたところ、
いつも飢えているマウスのグループの方が、若々しく活動的なんだそうです。

「飢え」を感じると、身体は「ヤバイ!このままでは死んでしまう!」と、
自分の身体を維持するために、いろんなスイッチが入って、
細胞が活性化するのだそうです。

そして、身体の中を一度空っぽにすることで、
身体のリセットとクリーニングにもなるわけです。


なので、時に、あえて半断食をすることで、一度身体をリセットして、
排毒して、解剖を活性化させることで、さらにイキイキと生まれ変われるわけです。


しかし、自分ひとりで半断食をしようと思っても、なかなか始めるきっかけもないし、
始めても、挫折してしまったりする場合も多いですよねー。


俺も何回か経験がありますが、
半断食を始めた途端に、大事な人から飲み会や食事の誘いがあったり・・・。


しかも、半断食をすると、排泄が起こる場合があるわけですけれども、
自分の身体の状態がどうなっているのかがまずわからない。

そして、どう対処していいのかもよくわからない・・。困った・・。

となるわけです。



そこで!


かなり前振りが長くなりましたが、山村先生が監督のもとで半断食合宿をすれば、
すべての疑問や不安が無く、半断食ができるわけです。


さらに、今回は温泉や岩盤浴のある、市内某所での合宿となるわけですが、
宿にカンヅメとなって講座や催しをしても、またそれはそれで一日が経つのが長ーく感じます。



そこでそこで!


今回は2泊3日の合宿なので、2日目に、
仙台の「奥州仙台七福神巡り」を致します。


DSCN8872.jpg
奥州仙台七福神とは、仙台市内に7個所あるご本尊を、
スタンプラリーのようにお参りするという、仙台の知られざるイベントなんですが、
俺はもうかれこれ、2011年で10年目の七福神巡りとなります。

今年(2010年)のお正月に巡ったときの記事はこちら。


もちろん、仙台市内とはいえ、歩いて巡るのは不可能ですから、
ドライブがてら、みんなでワイワイと楽しく回ります。

もちろん山村先生も一緒です。


とにかく楽しいですよ。七福神巡り。


そして、本合宿には、山村先生の講座もあります。


さらにさらに!


DSCN2661.jpg
最終日のチェックアウト後、希望者のみ、秋保の慈眼寺に参拝させていただき、
塩沼亮潤阿闍梨(しおぬまりょうじゅんあじゃり)の護摩焚き行の見学に行きます。

塩沼亮潤阿闍梨は、奈良県大峯山において一日四十八キロを歩く『一千日回峰行』と、
九日間飲まず・食べず・寝ず・横にならずの『四無行』を満行した、凄い方です。

出版もあり、講演会で全国巡ったりもされています。


そんな、ちょっと神仏的な要素も入りつつ、楽しく半断食をしようという、
贅沢な合宿です。


お正月においしいものを食べた後でもありますし、
一年の始まりに、身体をリセットするのも良いのではないでしょうか。

ぜひご参加ください。



山村先生と行く、半断食&七福神巡り合宿

2011年1月21日(金)15:00集合
〜1月23日(日)17:00頃解散

会場 仙台市内(宿泊先はお申し込み後お知らせ致します。)

定員15名
定員となり次第締め切らせていただきます。

参加費 38000円
 クレジットカードOK


■お申込み方法

下記リンクから、申込フォームにアクセスして、
必要事項をご記入の上、お申込みイベント欄の
ご希望日時にチェックを入れて送信してください。




※まくろび庵キャンセル規定(必ずお読みください。)


お申し込みはこちらから。


※印は必須項目となり、未入力の場合はエラーが出ます。
※メールアドレスの入力ミスにご注意ください!



ケータイの方はこちら。




何か不具合がありましたら、
info@caferoman.tv
までメールにてお知らせください。


ご参加をお待ち申し上げております。
posted by わこうちゃん。 at 15:15| Comment(1) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

中島デコさん2010。


DSCN8807.jpg

11月末の、山村先生の札幌講演会からわずか2週間。

ビッグイベントを立て続けに組んでしまって、
ほずみちゃんから「よっぽどMなんだね。」と言われてしまったわこうです。


さて、昨日の12/12、今年最後のビッグイベント、
中島デコさん二本立て!講演会とクッキングレッスンが、
無事に滞りなく終了いたしました。

今回の記事は、とても写真が多いので、
文章はほどほどに、写真で雰囲気をお伝えしたいと思います。


デコさんとは2年ぶりの再会。

相変わらず、いい意味で肩の力の抜けたフリーな感じが素敵でしたねー。


今回は、第一部が講演会、第2部がクッキングレッスンだったんですが、
超タイトなスケジュールだったので、再開後すぐにミーティングに入りました。



DSCN8739.jpg

特に、今回はクッキングレッスンで5品作ることになっていたので、
事前にほずみちゃんがチーフとなって、デコさんとの綿密な打ち合わせを重ねてきて、
昨日の当日は、最終の確認事項を含め、かなりじっくりと打ち合わせを。

その後、早速講演会会場に向かいました。


講演会では、花巻のSobe's Cafeの畠山さゆりさんにご協力をいただいて、
デコさんのアテンダントや受付係をしていただいたり・・・

(さゆさん、本当に助かりましたー。ありがとうございます。)






DSCN8745.jpg

今回は、講演会というよりも、座談会にしようと、急遽テーブルレイアウトを変えて、

ロの字型にぐるっとテーブルを囲んで。


食べ物のこと、ライフスタイルのこと、子育てのことを中心にお話をいただきました。




DSCN8756.jpg

マクロビオティックの究極系のひとつの形として、
田舎暮らしをしながら自給と循環の生活をしていくというスタイルがありますが、
「田舎暮らし」と言うと、どこか地味なイメージかあります。

しかし、デコさんは、明るく楽しくオシャレに、
スローライフを実践している先駆者みたいな存在ですから、
やはりその言葉の一つ一つに重みと説得力があります。

特に、「自分の好きなことで半農 半Xをしていくことが持続する秘訣」
といった内容の話があり、思わずうんうんとうなずいてしまいました。


デコさんみたいな生活のしかただったら、
楽しく田舎暮らしができるかなーと、憧れちゃったりしますねー。


さらに、デコさんは5人のお子さんがいらっしゃり、
つい最近は、ついに初孫がお生まれになったということで、
子育てについての話は、本当に素晴らしかったですねー。


そんな感じで、第一部の座談会が終わったのでした。


次のクッキングレッスンまで、時間があまりなかったので、
急いで会場を変えて、クッキングレッスン会場に移動。


座談会の間、クッキングのアシスタントチームは、お店で下準備をしていてくれて、
デコさんが会場に着いたころには搬入は終わっていました。

いやー、ナイスなアシストですよ。マジで。


で、早速、会場で下準備のラストスパート。




DSCN8766.jpg

今回、事前にデコさんとメールのやりとりで打ち合わせをしてくれた、
クッキングチームチーフのほずみちゃん。

今回の一番の立役者というか、影の番長みたいな存在です。
彼女がいなかったらこのクッキングレッスンは成り立ちませんでした。





DSCN8764.jpg

おなじみの、安定したテンションとスキルで黙々と工程をこなす、ますみちゃん。

彼女のほんわかした雰囲気にみんな癒されます。






DSCN8768.jpg

そして今回、ひじきのディップで使うパンを焼いてきてくれたり、
搬入で大活躍してくれた、ちひろちゃん。

細やかな心遣いと、すごい機動力で頼もしかったですわー。

ちひろちゃんのパンは、デコさんも大絶賛でした。



ということで、クッキングレッスンが始まりました。




DSCN8772.jpg

デコさんを羨望のまなざして見つめるたえちゃんが印象的です。




DSCN8783.jpg

やはりデコさんは、クッキングが始まると一番しっくりきますね。

何かを作っている時のオーラが違います。



ここからは、ダダーッと写真が出てきます。



DSCN8792.jpg

コーフーとなる強力粉を練ってます。





DSCN8794.jpg

強力粉なのでかなり力を入れて練り練り。






DSCN8797.jpg

いい笑顔ですねー。








DSCN8830.jpg

真剣です。








DSCN8840.jpg

包丁さばきも軽快に。







DSCN8842.jpg

デコさんから直接指導を。

これが今回のレッスンの醍醐味ですな。






DSCN8843.jpg

楽しそうですねー。





DSCN8862.jpg

親子でツーショット。






DSCN8864.jpg

出来上がったコーフーを煮てます。うまそー。






DSCN8865.jpg

デザートのフルーツパフェの盛りつけに入ってます。







DSCN8897.jpg

豆腐クリームを。








DSCN8898.jpg

フルーツパフェ完成ー!うまそー!







DSCN8912.jpg

先ほど煮たコーフーをカツに。








DSCN8916.jpg

コーフーのカツレツです!





DSCN8917.jpg

玄米のクルミ添え。







DSCN8918.jpg

フルーツパフェのアップ!







DSCN8921.jpg

皆さん「おいしー!」と言いながらわいわいと試食。









DSCN8932.jpg




DSCN8933.jpg


DSCN8934.jpg


DSCN8935.jpg


こんな感じで、終始賑々しくクッキングレッスンが無事終わりました。





搬出が終わって外に出たら、光のページェントだったので、

DSCN8940.jpg
デコさんに見ていただこうと、定禅寺通りをゆっくりとクルージング。


デコさんも車の窓を開けて写真を撮ってました。



と、こんな感じであわただしく賑々しい一日が終わりました。


俺も、緊張する暇もなく、わーっと一日が過ぎ、
すべて終わって店に着いたころには放心してましたよ。ホント。(笑)

でも、皆さんにとって良い一日となって、主催して本当に良かったなーと思います。




ご参加いただいた皆さん、お手伝いやご協力をいただいた皆さん、
そしてデコさん、本当にありがとうございました。


みんなでまた会える日まで。


感謝。

 
ラベル:中島デコ
posted by わこうちゃん。 at 19:19| Comment(1) | TrackBack(0) | まくろび庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

12/10(金)ヨルマクBar メニュー

こんにちは!
ホズミです〜!!

すっかりご無沙汰してしまいました。。。
ネタいっぱいあるのに☆


先々週の臨時休業の際には
皆様にご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした。


おかげさまで愛するじいちゃんを無事送り出すことができました。


専門病院にお世話になりながらも
孫が繰り出す食事療法やお手当法も率先して受け入れ
ちょっと大きめな病気と前向きに向き合ってくれていましたが、
残念ながら力尽きてしまったようです。


今回、じいちゃんのおかげでたくさん勉強させていただきました。


じいちゃーん!!
孫はまた次に誰かの役に立てるようにがんばっから〜!
ちーんと早がった気もすっけんちょも〜お空から見ててくんちぇ〜!!!

と、なまってみる(笑)


心温まるお気遣いや、励ましの言葉もたくさん頂戴しました。
改めて、この場をお借りして御礼いたします。



さて!
今夜は今年最後のヨルマクBaropenいたします!

私が食べたいために、味噌けんちん汁!作ります〜♪

寒い冬の夜、ココロもカラダも温まるまくろび庵へ、
ゼヒ遊びに来てくださいね!


今夜のメニューをお知らせいたします。


12/10 fri  yorumaku @ まくろび庵    
Oshinagaki 
□前菜□
かぼちゃとお豆のサラダ   ¥400   キクイモのガーリック炒め   ¥400
旬菜としょうがの煮浸し   ¥400   りんごと人参のプレストサラダ ¥400
こんにゃく味噌おでん    ¥400   

☆おススメ☆今日のお野菜プレート(前菜全部!自由に盛り合わせ) ¥1000
 


□温菜□
冬大根のステーキ 香味野菜とセイタンそぼろのっけ     ¥900
いろいろ根菜のかき揚げ  カレー塩と天つゆで      ¥800 


□食事□
本日のオーガニックパスタ             ¥1000 
『たっぷりきのこと長ねぎの豆乳カルボナーラ風』
 

玄米ごはん(単品)      ¥250 

野菜ごろごろ味噌けんちん汁  ¥500  


Sweets
☆ゴホウビ系
白胡麻入りガトーショコラ         ¥500  
   ※卵・乳製品を使用してます。

☆マクロビ系
小豆とお豆腐のクレームブリュレ      ¥450



オーガニックビール・ノンアルコールビールも好評です(*^_^*)


今夜もわこーさんと一緒にお待ちしております!
posted by ホズミ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | まくろび庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

とんぼ玉展 会期延長のお知らせ。

DSCN3331.jpg

わこうです。

先月より約1ヶ月間、とんぼ玉作家、
遠藤信子先生のとんぼ玉展を開催させていただいてきました。

本来は、12月5日で会期終了の予定でしたが、
大変うれしいことに、お問い合わせやご要望が多数ございまして、
会期を延長することにいたしました。

12月26日(日)まで開催いたします。

うわー!見逃したー!とか、行きたかったー!とか、もう一度見たい!というかたは、
素晴らしい作品を見られるチャンスですよー!


遠藤先生の作品は、こちらの過去記事に書きました。


思わずため息が出るような素晴らしい作品の数々です。


ぜひお越しくださいね!



お待ち申し上げております。

 
ラベル:とんぼ玉
posted by わこうちゃん。 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | まくろび庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。